19日は、パリから帰国中のジョン・キム先生のクリスマスパーティー。アークヒルズ近くの「ランディ」にて。ポジティブでのびやかなエネルギーにあふれる方々と、しばし、くつろいでにぎやかなひととき。

今回は、「大切なお友達をひとり、連れて行く」というテーマだったので、「友達の友達」の輪がつながり、新しい出会いにもたくさん恵まれました。

両手に黒薔薇?(笑)写真の左側は、プロサッカー選手、ヴィッセル神戸の都倉賢さん、右は「三軒茶屋星座館」を出版したばかりの作家、柴崎竜人さん。

12202
おふたりとも幼稚舎からの慶應ボーイ。都倉さんの叔父さんは作曲家の都倉俊一さん(とあとから知って、なるほど雰囲気が似ている、と)、来年はご夫婦でヨーロッパに行き、新しい挑戦をするそうです。柴崎さんは、「ごく普通の家庭」に育ち、周囲のセレブな環境に溶け込めず、ずっとコンプレックスを抱き続け、図書館に逃げて本ばかり読んでいた、そのおかげで今、作家として仕事をしている…というエピソードを披露してくれました。

「香織族」妹の女優・安田香織ちゃんとも久々に再会。

12203

ちなみに今回、私はヨンカ社長の武藤興子さんをお誘いしていきました。そういえば彼女とのおつきあいも「友達」に紹介していただいたのがきっかけ。友達に「だれかに紹介したい」と思ってもらえるような人、紹介者が自分の友達に紹介することを誇りに思えるような人、そんな人でいられるよう、日々ますます努力しなくてはね、との思いを新たにした日でもありました。人と人とのクリエイティブなつながりをつくる天才でもあるキム先生にも大感謝です。

フリーアナウンサーの堤信子さんとも、夏ごろのキム先生パーティーでご縁をいただきました。出会ってもそれを本物の「ご縁」に変えていくには、やはり相手の懐に飛び込んでいくオープンネスと、忙しくてもコミュニケーションを続ける努力が不可欠ですね。堤さんはそれをかわいらしく楽しそうにできる方。見習いたい。

Kim_party_2

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です