2013年の大晦日。仕事が納まる気配がありません。今年中にと約束していたあんなこんなの仕事、来年に持ち越させていただきますm(_ _)m。仕事ばかりかいろんな課題が解決の糸口も見えないまますべて来年に持ち越しとなりました。焦りもあるが、無理に白黒つけず、「待つ」のも大事ですかね。Let It Be…. 

と言い訳しつつm(_ _)m。こんな破綻した私に寛大にもおつきあいくださっている皆様に、心より感謝申し上げます。

というわけできちんと振り返る節目は先にとっておいて、次の年へとそのまま突っ走ります。

ちらっとだけ心情を振り返ると(笑)、今年もどん底に落とされて立ち直れないと思われたショックを何度か経た一方、予想もしなかった至福の瞬間、天から金の光がふりそそいでくるような瞬間にも恵まれた。どちらも一週間も経てば、あれはなんだったのだろうという遠い夢のなかのできごとになる。そうやって一生を終えていくんだろうなとぼんやり思う。Journey is to be continued…

Photo
今はらせん階段のどのあたりだろう? (写真はミキモト別館)

さらにもういちどだけちらっとだけ振り返ると(^^ゞ、今年は印象的な社交に彩られていて、芯のある個性的な方々とインスピレーションに満ちた濃い会話を交わすことで発見が多い年だった。書物や映画もさることながら、なによりも「人」から学んだ年でした。その人と会うビフォア・アフターで違う人間になっているような、魂のレベルが一段階上がるような体験。また会いたい話したいと思ってもらえる人にならなくてはね。

読者のみなさまからも、たくさんの励ましをいただきました。あらためて、心より感謝申し上げます。

・来年のヒントになりそうな、コミュニケーションのお話。内田樹先生。

「コミュニケーション能力とは、コミュニケーションを円滑に進める力ではなく、コミュニケーションが不調に陥ったときにそこから抜け出す力のこと」

http://blog.tatsuru.com/2013/12/29_1149.php

その場の特殊事情を察して、コードを破り、「ふつうはしないことを、あえてする」。

これができるために必要なのは、おそらく、愛と勇気と正直さ。そこにウィットとユーモアが加わればなお心強いですね。慎みと神秘を失わずにこれをやってのける、というのが究極の理想ですが。現実には時々自爆。日々試練。

ではみなさま、あらためて、ありがとうございました。新月となる元旦、心おだやかにお過ごしくださいますよう。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です