友人たち6人で新年会。円山町わだつみにて。大人のアミューズメントパークといった風情の割烹料理のお店です。場所がかなり難点というか逆にツボというか、あやしさマックスの円山町のどまんなかにあるのですが。そこを気まずく微妙にはらはらしつつ(笑)通り抜けると、タイムスリップしたような異次元空間が現れる。

Photo
芸妓文化の名残を残すお店の入口。回廊を通り抜けてお店に入れば、非日常の洗練された空間で、上質な料理と、着物姿のスタッフによる心づくしのおもてなしを堪能できます。

1234

日本酒ひとつとっても、一杯ずつ異なる盃で楽しめるようにこんなふうに出てくる。一合を5種類の盃で楽しめるというわけですね。

和食に合う美味しいワインもちゃんと揃えてあって、ぶどう酒派にとってもうれしい。写真はコース料理のなかの一品、ざくろで彩られた鶏肉のお料理。冷えたシャルドネとの相性が最高でした。

1236
食後はさらに奥のバーで、太い木の梁がえもいえぬ味わいを添える空間のなかで多種類のお酒を楽しめる。

お伺いするのは二度目でしたが、また季節が変わる頃に行きたくなりそう。往復の光景の気まずさもスリルのうち。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です