3月号、10日発売になります。連載「紳士のもの選び」第49回、「ペッパー&ソルトミル」について書いています。機会がありましたら、ご笑覧下さいませ。

フランス車プジョー社の意外な前身。私自身も驚きでした。

今月号の特集は、「東京の新名所を歩く」。超穴場的なホテルやレストランの紹介。使えそう、というか行ってみたいところ満載です。

3 返信
  1. アラベスク
    アラベスク says:

    中野さま
    こんにちは。
    サライの記事で初めて、わくわくして読んだものが
    ポール・ジョーの香水と
    ゲランの口紅の紹介でした。
    その当時、ポール・ジョーは
    三菱1号美術館の近く、
    丸の内ブリックスクエアにありまして、
    その地に入るだけで、異国へ行くように
    嬉しかったです。
    イングリッシュ・ペアを一目ぼれで買いました。
    ゲランの口紅はケースを閉める音が
    ロールスロイスの車のドアの音と同じ
    という説明にどれだけ胸をときめかした事か…
    ロールスロイスといえば、サンダーバードのペネロープの
    おクルマです。
    それ以外に知りませんでした。
    中野さんはサンダーバードはリアルタイムではご覧になっていないと
    思いますが…
    そして、プジョーの胡椒入れ、素敵ですよね。
    フランスの自動車会社の作るミル。
    WAKOのティールームでサンドイッチをいただいた時、
    プジョーのミルが一緒にサーブされて、興奮しました。
    さすが!WAKO!
    感動ゆえに、胡椒をたっぷりかけて、
    『ワタシハ、プジョーのミルをシッテマス』
    アピールをして、楽しいティータイムをすごしました。
    中野さんの『紳士のもの選び』
    ものにまつわる、たくさんの夢と物語を教えていただいて有難うございました。
    中野さんの言葉によって、ものたちがきらきら輝いて、
    楽しいページでした。
    終わってしまって寂しいです。

    返信
  2. kaori
    kaori says:

    >アラベスクさま
    ご愛読ありがとうございました。
    50回以上も続いたのが奇跡です。
    読者の皆様のおかげと感謝しています。
    単行本化予定なので、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。

    返信
  3. アラベスク
    アラベスク says:

    中野さま
    申し訳ありません。
    読み返して気が付いたのですが、
    ポール・ジョーではなく
    ジョー・マローンの間違いです。
    失礼いたしました。
    単行本になるニュースはよかったです。
    楽しみがふえました。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です