「サライ」4月号発売です。連載「紳士のもの選び」第50回、桃太郎ジーンズについて書きました。機会がありましたらご笑覧くださいませ。

今月号の特集は春の京都。もうひとつの特集は絶景の桜街道。付録はジャズ名演奏聴き比べ! 「スピークロウ」と「恋人よ我に帰れ」をそれぞれ3パターンで聴き比べることができる。盛りだくさんですね。

「ジャズは楽曲を聴くものではない」「ジャズは人を聴くもの」。「前の日に考えたフレーズをそのまま弾いて、こぢんまりまとまったジャズが私はイヤです」(後藤雅洋さんと林田直樹さんの対談より)。

サライ連載も淡々と続けているうちに50回を迎えました。淡々と…って継続のためにはいちばん大切なことかもしれないですね。編集部のみなさまとスタイリストの堀さん、毎回快く取材に応じて下さる各社担当者のみなさま、そして読者のみなさまに感謝します。一人ひそかに祝杯(笑)。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です