機内で見た映画その1 "Prisoners"。ヒュー・ジャックマン×ジェイク・ギレンホールの緊迫の演技合戦。

Prisonersposter

娘を誘拐された父親が、娘の行方を知りたい一心で、ある一線を超えた行動に及んでしまう。そのシーンには目を背けたくなるし、容疑者が死ぬと謎が謎を呼び迷路にはまりこんでいく出口なしの暗闇物語に陰鬱になる。153分の長い時間、あらゆる意味で「囚われた人」たちの物語に笑顔になれる瞬間なし。いやしかし、それはそれでサスペンスドラマ&ぎりぎりのヒューマンドラマとしては秀逸だが。真犯人はいつだって、「もっとも考えられなかった人物」。

ジャックマンが演じるケラー・ドーヴァーのセリフから。

"Pray for the best, but prepare for the worst." (いい結果になるように祈れ。だが、最悪の結末に備えよ)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です