DVDで「ホワイトハウス・ダウン」。

ダイハードの趣きも少し入った、ハラハラのアクションの連続に目を奪われて完全に現実逃避できるよくできた映画。チャニング・テイタムは見目麗しいし、ヒロインの子役もほどよく生意気でいい感じ。クライマックスで大統領旗を全身でふる場面のヒロイックな演出にはちょっとうるっときた(笑)。旗というのは、ああいうふうに使うのね。ホワイトハウスの中の様子が(少しは修正を加えられているだろうが)わかったのもおまけのお楽しみ。トラウマ映画であれこれ考えることも必要ですが、すかっとカタルシスを与えてくれるこういうわかりやすい映画を時々見ることも、精神衛生上、必須かもしれないですね。

White_house_down_01s_2

1 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です