2014年7月1日は、歴史の転換期として記録されることになるのだろう。無力感に襲われる。白洲次郎のドラマが今の話としてリアリティをもってくる。日本の愚かさ加減を見通し、ただ一人でずばずば本当のことを言ったら疎まれ、煙たがれ、あるいは無視された、白洲のエピソードの数々。

Keep Calm and Carry On.

暗い気持ちに覆われるなか、淡々と意志を強くもって、日常の務めを果たすうちに発見するささやかな喜び。

・山縣良和さんが、シャネル伝の感想をブログで詳しく書いてくださいました。

・サロン・ド・シマジでセレクトしていただいたシャネル伝、島地さんの推薦のおことばでハイペースで売れていると聞き、日曜、伊勢丹メンズ館までお礼詣でに。店内はシマジ教信者の男女で大盛況。ル・パランのお客様やリバティに聴講に来てくださったお客様とも偶然遭遇。こういうささやかな楽しみも平和あればこそ。

6297

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です