北日本新聞 別冊「まんまる」8月号 発行となりました。

連載「ファッション歳時記」第35回は、「世界標準と日本の事情」について書きました。フォーマルの世界標準と、日本の標準について、「シャツの胸ポケット」問題も含め、思うところを整理してみました。

機会がありましたらご笑覧くださいませ。

7103

「シャーロック」の余韻冷めやらぬうちに、届いた! 中毒ドラマ「ゴシップガール」ファイナルシーズン。

7102_2

2 返信
  1. S.S
    S.S says:

    初めまして。私は昨年富山中部高校の東京探訪にて先生の講演を聞かせていただいた者です。今月のまんまる、読ませていただきました。最近はファッションの流行がめまぐるしく変わり、利便性や安さが求められる時代のように感じられます。しかし先生のお話を読んで、伝統的なフォーマルな服装の価値を再認識するべきだと思いました。そしてそのような服装をするべき環境に出会える人になりたいと思いました。いつも先生のブログ、楽しみにしています。

    返信
  2. kaori
    kaori says:

    >S.Sさま
    コメントありがとうございます。
    「そのような服装をするべき環境に出会える人になりたい」…すてきな表現ですね。
    タキシードやモーニングを「どうせ縁がないから興味ない」と決めつける人生はやっぱりつまらないと思います。そういう服が必要となる舞台で楽しんで活躍できるよう、がんばってくださいね。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です