NOBU TOKYOのシェフ、松久信幸さんが、自伝をご出版、そのお祝いのディナーにお招きいただきました。

8283

NOBUチェーンは世界五大陸にまたがりなんと30店舗以上あるのですね! 日本人オーナーシェフとしてはおそらく世界一有名。この日、発売になった「お客さんの笑顔が、僕のすべて!」(ダイヤモンド社)には、挫折を繰り返しながらも「一日一ミリでも前へ」と努力してきた松久さんの信念が書かれています。「グローバル人材」を育てるためにおこなうべき第一のことは英語教育なんぞではない、っていうことがあらためてよくわかります。

8288

NOBUのコース料理のスタート。和食のエッセンスを生かしたすばらしい料理の数々。行き届いたサービスにも感動しました。

82821

この日合わせたワインは、南アフリカのワイン。ワインメーカーのヘンドリック・スナイマン氏とニールズ・バーナード氏が南アフリカのワイン、BARNARDT BOYESのプロモーションのために来日しており、同席してお話を伺いました。南アフリカのワインは初めて飲みましたが、深みがあってとても洗練されています。樽熟成のフルボディ、美味しくて飲みすぎ(^-^;。その上、ボトルデザインがCarrol Boyesによるものでなんともおしゃれなのですが、これはコレクターのために毎年変えるのだそうです。しかも一本一本に番号が打ってあります。

8289

8287_2
実はこの日、もう一つお祝いごとがありました。ブライアン・ミラー氏の30歳の誕生日。ブライアンは、私の大切な富山友、ミラー香保里さんのご主人、ショーン・トーマス・ミラー氏の弟さんにあたります。ワインメーカーのニールズがミラー家の親戚で、今日のご縁につながりました。

82815_3
ご一緒した方々。左から、ショーン、ニールズ、香保里さん、ヘンドリック、干場義雅さん、ブライアン、カフェグローブ編集長の篠田慶子さん(香保里さんの大学の同窓生でもあります)、です。

ブライアンはニュージーランドに住んで9年経つそうですが、そもそもミラー兄弟は南アフリカのご出身。ふたりとも2メートル近い長身。

82811

ご著書には松久シェフのサインも入れていただきました。

82810

8282

お祝いにお送りした花が、玄関のいちばん目立つところにおいてあり、嬉しかったです。いつもお願いしているのは青葉台のお花屋さん「チャコ」。華やかな成功のイメージのなかに日本の要素を入れて、とお願いしたらこういうお花を作ってくださいました。私がアップすべきではないのかもしれませんが、無理難題をふっても要望以上のアレンジを作ってくださるチャコのスタッフのみなさまへの感謝と敬意もこめて。m(__)m。

Cotton Club 主宰、夏の終わりの会。外苑前Witchにて。くつろいだ雰囲気で上質のお料理とワインが楽しめる、居心地のよい空間です。

Cotton_4

ユニオンワークス社長中川さん、綿谷画伯、某社美人取締役、ヨンカ代表興子ちゃん、バタク社長中寺さん、ソリマチ王子、フリーアナのんちゃんです。みんなありがとう!

富山フレンズと集い。「ワイニスタ」貸切で。

8175_2
イケメンソムリエ松谷幸司さんが、それぞれの料理に合わせた、ちょっとひねりのあるワインを選んでくれる、上質な時間を過ごせる店です。

8172_3

この日はゲストのなかに、富山の銘酒「満寿泉」の桝田社長ご夫妻もいらしており、乾杯のお酒が日本酒でないことで(笑)、松谷さんもいつもより気を遣ったようでしたが、すぐにお酒話で盛り上がっていた様子。左が松谷さん、右が桝田さん。

8173_3
桝田さんご夫妻のほか、北日本新聞の田尻君とまりちゃん、イギリスのアンティークショップを経営する同窓生の京田君ご夫妻(奥様のまゆちゃんはもうすぐご出産)、呉服の牛島屋の武内くんと妹の香保里さん、ミスユニヴァース審査員をご一緒したモデルの池端忍ちゃん、R25創刊編集長で現在は介護ビジネスも手掛ける藤井大輔さん、メンズファッションショップを経営する中川さん、全日空ホテル宴会サービス部の福山さん、社会学者でアイドル研究をする塚田さん、と多彩なメンバーで楽しい時間を過ごさせていただきました。

みなさんありがとうございました! またお会いしましょう~。

8176_6

富山県立近代美術館。2万人の入場者を記録し、さらに記録更新中の「成田亨 美術・特撮・怪獣 - ウルトラマン創造の原点」展。

Narita_toru

ウルトラマンの世界は完成している、と常々思っていた。東大や昭和女子大で英語の非常勤講師をしていたときに、授業中に提示する資料にウルトラマン&怪獣たちのアイコンスタンプを使っていたことがある。学生は「ばかじゃねーの」と思っていたかもしれないですが、文字だけの資料というのをどうも配る気がせず、ここにあったら完璧だと当時思ったビジュアルとしてウルトラアイコンを選んだのであった。

私の直感はやはり間違ってはいなかった。ウルトラマンはそのままで完璧なのである。

怪獣たちだって、芸術品だ。見立てと組み合わせによるシュールなハイブリッドであったり、キュビズムを感じさせるアートであったり。バッタがエレキングとなり、セミがバルタン星人となり、魚のコチがガラモンとなり、インディアンがジラースとなり、戦艦大和がヤマトンとなり、黒田長政のかぶとがゴモラとなる。そのイマジネーションのプロセスがあるから、芸術品になるのだ。ただ既存の動物を巨大化させただけのゴジラやモスラとそこが決定的に違う。

アルカイックスマイルをたたえたウルトラマンの仮面が飾られた、ウルトラマンの墓があった。成田さんによる鎮魂歌が添えられていた。

「星から来た勇者 地球を救った勇者 永遠であれ 君を利用し 金儲けをたくらむ地球人のために 角をつけたり 髭をつけたり 乳房を出したりしてはいけない スーツを着たり 和服を着たり 星空に向かってラーメンを掲げてはいけない 経済と技術に溺れてしまった地球人は 叡智と勇気を失って いま もだえ苦しんでいる しかし 遠からず必ず不変の叡智を取り戻すだろう 君は星空の彼方から 見届けてくれたまえ 永遠の偶像よ」

成田さんは円谷プロを去ったあと、偶然会った後任に、こんなアドバイスをする、「怪獣の目は小さい方がいい」(北日本新聞「ウルトラの引力」第4回「怪獣」より引用)。怪獣愛の深さがわかるエピソード。

そして菩薩に通じるアルカイックスマイルにも理由があった。「本当に強い人間はね、戦うときかすかに笑うと思うんですよ」(「特撮と怪獣 わが造形美術」成田亨著、北日本新聞「ウルトラの引力」第一回「ヒーロー誕生」より引用)

8165

身近にあるものから想像を働かせ、誰も見たことのないかっこいい創造物を世に送る。自分の立つフィールドだってそれが可能かもしれない。そんな希望まで与えてくれる展覧会です。

紀伊國屋書店富山店でのイベントにご来場くださいましたみなさま、スタッフのみなさま、ありがとうございました。

本をお買い上げいただきましたうえ、、たくさんのお花やバスグッズやお菓子などをいただき、感激です。

8161

店頭イベントのため、通りがかりのお客様やノイズも込み、プロジェクターが使えず、という数々の試練?がありましたが、こういうことも経験を積まなくてはですね。一人もいらっしゃらなかったらどないしよ…と対策を考えていったのですが、用意した椅子は足りなくなったようでしたm(__)m 情報をシェアしてくださった富山フレンズに心より感謝します。男性のお客様が多かったのがこれまでのシャネル関連のトークショーとの違い。でもやはりシャネルは「起業家」にして「ワークライフ・インテグレーション」のお手本にして、「8カ国にわたる人的ネットワーク」を築き上げたビジネスウーマン。これからの時代を突破したい男性こそシャネルから見習うべきところ多なのではと思います。

8162

会場の様子は、ミラー香保里さんが撮影してくださいました。ありがとうございました。こちらはミラー家のお嬢様。リトル・ブラック・ドレスにボレロがよく似合い、お人形みたい。かわゆすぎる…♡ 

8164_4

またみなさまにお目にかかれる機会に恵まれるよう、がんばります…。

それぞれに頭の切れる、表現力ずばぬけた著者によるおもろい本ですが、2冊を読み比べると、というか読み合わせると、また別のコワ面白さが…。


この本の内容がブログ記事だったころから笑い死にしそうになっていた水野敬也の「スパルタ婚活塾」。恋愛指南本の定説をことごとく覆し、本音で語れるコミュニケーションマスターとなれ、とビシバシ鞭をうつ。「理論」のネーミングセンスがばつぐんにくだらなくて(←ホメ言葉です)、でも根底にものすごく愛があふれている。婚活だけではなく、あらゆる人間関係にいえることが書いてあると思う。リスペクト。

「ファーブルが昆虫を見るような目で男を視よ」というファーブル・ナンパ理論とかもう爆笑。

「SATC臭」も、要警戒ね。くわばらくわばら(死語)。


その敬也がターゲットとして説いている層が、ほぼこちらですかね。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』のジェーン・スーおよびその愉快な友人。前著もそうでしたが、ときにぐさっときて、でも知的な分析をユーモアたっぷりにまぶしてあるので、からりと笑いとばすことができます。

なるほど~と思った項目はけっこうあるが、そのなかの一つ、「隙がないこと岩のごとし」。隙とはなにか。曖昧な空気を漂わせたままにしておくこと。台本をきめきめにしないこと。「私はよく『しっかりした人』と言われますが、それはあいまいな空気を漂わせたままにしておくことが苦手な、自信のなさの裏返しでもあります。(中略)隙のある状態に耐えられる能力は、あいまいな空気を他者との間に漂わせたままにできる強さです。一見主体性のない女の子の方が、強気な女よりずっと強いと思うことがあるのは、己を漂わせる強さを彼女たちが持っているからです。(たくさん略) グッと曖昧な空気に耐える。そうすると、相手が舵をとって船が進んでいく。隙は作るものではなく、堪えることや任せることや信じることで生まれるもの」

「男女間に友情は成立するか否か問題が着地しました」もケッサク。男女間の友情が成立する派の女の分析というのに、私はみごとにあてはまってる(笑)。 

かように高度に自虐をやってのける知的なおもしろ「女子」と、自虐をするな、自アゲをして価値を高めよと説く敬也の教え。両者読み合わせると、味わい深い…。

政近準子さんの新著、『人生は服、次第。』

パーソナルスタイリストの政近準子氏が幅広くアツい信頼を得ているのは、「センス」とか「フィーリング」「バランスのいいコーディネイト」みたいな表層のレベルではなく、まずは
「あなたはいったい、どういう人生を送りたいの?」という覚悟を真っ向から問い直す、厳しくも剛速球直球の問いをつきつけてくるからでしょう。

彼女はおそろしいほど鋭く、でも愛をもって、人を見ています。ずばっと本当のことを(衷心から)指摘するその現場に、何度か私は鳥肌ものの経験として立ち会っています。酒席ですが(^-^;
その観察眼が随所に光っているのが、本書。だから、こわいよ~。(笑)
「ボレロ+ワンピース」という考えられてないファッションで万人受けを狙った結果ほんとうのターゲットにとどかない、ってそれ私のことですがきゃーごめんなさい!
っていうのはほんの一例ですが、そんなこわい指摘がズバズバあって、冷汗かくやら背筋が伸びるやら。

服を、チャンスに満ちた人生の味方につけるために、
まずはマインドから変えましょう。という
ラディカルに、生き方のレベルから問われる本。

「政近さんの本を読むまで、ファッションって頭の悪いものだと思ってました」という女性のコメントが帯に載ってますが、実はこれ、私の学生のレポートにも、似たような文句がよく書いてあるのです。「先生の講義を受けるまで、ファッションってちゃらい服のことだと思ってました」と。笑。
私は実践的な指南はやらないので、カテゴリーはまったく違いますが、世間に通底する偏見と闘ってきたというところでも共感を覚えるところ。

ファッションと自分は何の関係もない…と思い込んできた人にこそ読んで「覚醒」してほしい。

不意打ちで、本文中に「知的で艶やかなエッセイストNさん」が登場しますが、
その描写からはどうも痴的で大雑把な私とは別人ですね(^-^;

とくに痛快だった指摘は、ハイブランドの力に関する話。「日本では多くの方が、自分の格を上げるためにブランドものを身につけると考えているようですが、それは間違い。力のある人がブランドものを身につけると、ブランドのほうが、その本来の良さを引き出され、まるで服に命が与えられたようになるのです。ブランドが人の価値を上げるのではなく、人がブランドの価値を上げる」。まさしくそう。「いばれるブランド」という発想(言葉)が飛び交うことじたい、滑稽。ロゴマークのふりかざしは、その人の底を浅く見せる。

「自分を表現している人に、チャンスは訪れる」というのは、周囲を見渡してみても本当。人と違ったことをしてみたときに、顔をしかめる人も必ずいるけれど、プラスの評価をしてくれる人もいる、その人こそがチャンスを運んでくれる「出会うべき人」。だから無難に波風立たないようにしていることは、逆に大勢に埋もれるリスクを侵していることになる…という指摘は、リクルートスーツで「人と同じ」におさまっている学生さんたちにも教えたい。

「同じことをしてもバッシングされがちな人と、『あの人はああいう人ね』で済んでしまう人がいます。その違いはどこから来るのか。その差は<自分をよく知っているか否か>にあります。(中略)中身と見た目が一致しているかどうかということに、人はとても敏感なのです」。これ読んだときに思い出した言葉があって、それは先日の大学の同窓会で会った、今はNHKのアナウンス室長になってるMアナの話。「バッシングされないための最強の方法は、無理に<作らない>ことなんだよ」。自分を客観的に知ること、すみずみまで自覚をもっていることで、この境地に至れるんでしょうね。道は険し。

などなど、多くの刺激をいただきました。
準子さん、あらためておめでとう!


資料として購入した本。オーストラリア版ヴォーグの編集長だった人が書いた、「ヴォーグ」のインサイドストーリー。Kirstie Clements, The Vogue Factor. 固有名詞もばんばん登場しているので楽しみ。日本の編集長も回顧録だしてくれないかな。


こちらも。松栄堂監修「日本の香り」。日本の香水文化に関して、ほとんど知識がなかったことをあらためて自覚して愕然とした。

伏籠(ふせご)。体身香。香枕。聞香炉。六国五味。源氏香。競馬香。矢数香。名所香。
日本の香り文化のほうが、西洋のそれよりもはるかに繊細で奥深く、知的だった…。


文学批評系インテリのアイドル?、テリー・イーグルトンの英米比較、「アメリカ的、イギリス的」。表紙のイラストはソリマチアキラ王子。さすがの洒脱なセンス、グッドジョブね!

日本語訳がよくもわるくも東大英文科的で(^-^; 英文が透けて見える分、かえって原書のニュアンスがわかろうというもの。妙な意訳をしすぎてますます意味不明になるよりも、こっちのほうがまだいい(!?)

「合衆国には、明らかにヨーロッパの基準とは異なる女性の美の理想がある。高い頬骨、細面、大きな口が好まれる。(中略) アメリカの女性たちは、部外者の眼からみると、表情が豊かすぎる。顔の筋肉が感情とぴったり連動しているようにみえる。アメリの女性はまた、しばしば話しながらうなずく、また相手が話し終わっても一秒か二秒うなずきつづける、世界で他に例をみないヒト科の動物である」

英文だったら笑えるんだけど、日本語だと理屈っぽく聞こえ過ぎる…の一例。翻訳って難しいですよねえ。英文が高度になればなるほど、日本語にそのニュアンスを「わかりやすく」伝えるのが困難になる。

なんて偉そうにごめんなさい。イギリスの知識人の毒やひねったユーモアを理解して笑うのが大好きな人には楽しめるハイコンテクストな一冊です。

王子イラストを中身にも適用して、比較対照表にしてシンプルに構成しなおしたらベストセラーになるかな?などと考えながら読んでましたm(__)m

Proud Salon の連載が制作サイドの大人の事情で継続できないことに。そんなこともありますね。

2回だけでしたけれど、アーチストたちとのすばらしいご縁をつないでいただき、その縁が思わぬ広がりを見せ、得るところ大の刺激的な仕事でした。ありがとうございました。

スタッフと打ち上げ。グランドハイアットの「六禄」にてランチ。昼間からムルソーで祝い、気持ちよく締めくくり。

8112

Show must go on…!

8113


ポンパドゥール夫人研究に関連して購入した本。’The Libertine: The Art of Love in Eighteen Century France’  18世紀の絵画をふんだんに使いながら、18世紀的「愛の作法」を解説するコーヒーテーブルブック。巨大で重たくてカラフルでグロッシー。本の中身もルックスも趣味どまんなか。こんな贅沢な本に関われたら幸せだろうなあ。

A woman of wit one day told me, in one sentence, what may be the secret of her sex, which is that every woman, in taking a lover, pays more attention to how he is regarded by other women than to how she regards him herself.

(女は愛人をもつとき、自分がその男をどう思うかということよりもむしろ、その男がほかの女からどう見られているか、ということを重視する)

本文に紹介されていたNicola Chamfortの警句。普遍の真理とは決して思わないが、このような女性がどの時代にも一定割合存在するのはたしか。

Dawnton_abbey
うわさのドラマ、DVDが届きました。移動やネイルの合間のお楽しみ。として買いましたが友人のなかにはすでに中毒者も。