研修講師をさせていただいている美容室グループのカリスマ美容師、笠木ルミ子さんがご本を出版、おめでとうございます。

『ヘアイメージを変えると、身のこなしまで変わる!』(PHP研究所)

Kasagi_2
髪型の悩みというのは永遠に尽きないわけですが、たぶん、うまくいかないことを髪質や髪型のせいにしやすいんでしょうね(^-^; 「バッドヘアデー」(髪型が決まらない日)って、「あんまりついてない日」という意味も含めて言ったりします。

髪型を変える=人生を変える。そんな男女12人を具体的に紹介しながら、タレントや女優のヘアスタイルを表層的に真似するのではなく、自分自身と真摯に向き合うことでほんとうに「似合う」髪型を勧める本でもあります。

よい美容室の見分け方、客としての美容師との付き合い方なども発見多し。同じ美容室内で担当を変える。これNGかと思っていたのですが、案外、そうでもないこととその理由も書かれていて、なるほど、と。

ちなみに私が数年前からこの美容室グループ、ZELEネットワークの研修で教えているのは、カタカナで表記されている、なんとなくわかったようでわからないような美の概念の細やかな違い。「エレガント」と「シック」。「キュート」と「プリティ」、「グラマラス」と「ゴージャス」、「キッチュ」と「キャンプ」、「ロココ」と「バロック」などなど、英語の語源までさかのぼって言葉のイメージを右脳と左脳ではっきりつかむ、ということを目指しています。研究熱心で、優秀な美容師の教育にも力を注いでいる美容室グループです。

ルミ子さんはそのグループのトップディレクターとして技術を統括しています。つい先日、ZELE sorcierをオープンしたばかり。サロンワークでも信望を集めていますが、雑誌撮影やヘアショーなどでも活躍なさってます。本にはサインとともに「颯爽溌剌」という言葉を入れてくださいましたが、まさにその言葉通りの女性。ますますのご発展を応援しています。

それにしても、私自身は髪型を変える勇気がホントにないなあ……。いつもいつも「変えたい」と思いながらなんだかんだと理由をつけて無難なところでごまかす。そうやってマンネリのまま幾星霜でなんの進展もなし。まったく自分の生きる姿勢そのまんまだと、本を読んであらためて恥じ入る…

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です