「ザ・テノール 真実の物語」一足早く鑑賞する機会をいただきました。
たぐいまれな才能でヨーロッパで絶賛されていた韓国出身のテノール歌手ベー・チェチョルが、ガンの手術で声帯を損なう。二度と歌えないと宣告されながら、彼と友情を交わした日本人の音楽プロデューサーや家族の支えによって感動の復活を果たす「奇跡の実話」の映画化。

ラストシーンにはプロデューサー役の伊勢谷友介とチェチョル役のユ・ジテの涙が止まらなくなり、撮影班もカメラを止められなくなったそうです。「アメイジング・グレイス」の歌詞が深い意味とともに心に迫ってくる映画。

Photo

準備不足で今回はパス、と言ってる人はたぶん、次回も、次々回も、永久にパスし続けるのでしょう。準備不足はただの言い訳。今その足で舞台に立て、と背中を押すようなメッセージは多くの人に響くでしょう。

Img_7211
ちりばめられるオペラのハイライトシーンも圧巻です。

10月11日(土)新宿ピカデリー、東劇ほか全国ロードショー。

『ザ・テノール 真実の物語』  

 


©2014
BY MORE IN GROUP & SOCIAL CAPITAL PRODUCTION & VOICE FACTORY. ALL
RIGHTS RESERVED.

■配給:『ザ・テノール 真実の物語』プロジェクト 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です