グローバルに資本を動かす方々とランチ。ハイコンテクストな会話についていくだけで精一杯のところがあったが、考えるヒント多々。

ラグジュアリーとプレミアムが全く違うということ。日本人は積み重ねてプレミアムを作るのが得意だが、圧倒的な存在感を放つラグジュアリーが存在しない。フェラーリはスペックで勝負しない。フェラーリはフェラーリ。シャネルの石鹸は2千円では売れないが2万円ならば売れる。これがラグジュアリー。

ブランドの勢いは、デザイナーやPRではなく、実は資本投下量で決まっている。当たり前と思う人には当たり前だが。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です