シスレー ジャパンにお招きいただき、至福のトリートメントを受けながら、シスレー社の歴史やコンセプトについてお話を伺ってきました。

ハイエンドなスキンケアの老舗というイメージがありましたが、創始は意外と新しく1976年、フランス発のファミリー企業にしてグローバル展開するブランドです。

創始者は伯爵家のウベール・ドルナノ氏。いまなお「伯爵家」というアンシャンレジーム的なイメージが威力をもつのがやはりこの世界ですね。ドルナノ氏は30年以上にわたりシスレーのトップです。

彼の妻にしてシスレーの副社長でもあるイザベル・ドルナノが製品の製造と宣伝を担当し、息子 フィリップ・ドルナノがジェネラル・マネージャーとして国際戦略を統括しています。また、彼の娘 クリスティーヌ・ドルナノは、アシスタント・ジェネラル・マネージャーとしてグループの子会社のひとつを運営しているとのこと。

完璧な布陣ですね(‘ω’) 成功しているファミリーは、家族の布陣が申し分ない…。

マダム・ドルナノの美意識は高く、基本、お手入れ中の姿が美しくないものは作らない、だから、シスレーにはメイク製品も含め、ありとあらゆる美容製品が充実しているのに、シートパックだけが存在しない、という話には、なるほど~と。シートパック中の姿はたしかに人に見せられないですもんね。

9262

トリートメントの効果はてきめんで、疲労でやつれっぽかった肌もふっくら水をはねかえすほど(!)に。シスレーの製品はどれも上質な原料を使っていて、香りや感触だけでも身体の深いところから癒されていく気がします。この直感的な信頼感の効果は絶大ですね。

シスレー ジャパンの広報、田中雅之さんと記念写真。『シャネル、革命の秘密』をご購入いただいていました!感謝。容器がいちばんゴージャス、ということで撮影用に手に持ってみたのは超高級美容液。あとで価格が8万超えと知ってびっくり。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です