『至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて』一足早く拝見しました。パリ・オペラ座のエトワール、アニエス・ルテステュのさよなら公演までの2年間を、関係者の証言と映像でつづるドキュメンタリーです。

とにかくアニエスのバレエが美しい。人間の身体ってここまで繊細な感情を表現できるのかとただひたすらため息をつく。アニエスは衣裳デザイナーにもなりたかったと語るだけあって、各バレエの衣装も選び抜かれています。

Etoile_pic2
美しさを保つための努力、姿勢を保つための努力が痛みを伴うものであったことも知る。見ている間、思わず姿勢をまねていたのか、見終わってしばらくしたら首から背中にかけて筋肉痛になっていたことに気づきました(笑)。

Etoile_pic3
バレエ好きな方のみならず、「美しさとはなにか」を考える人には、無意識レベルから影響を及ぼしてくれるようなドキュメンタリーです。

『至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて』

配給 アルシネテラン
11月8日、Bunkamuraル・シネマほか、全国順次ロードショー
(c) 2013 Delange Productions all rights reserved.

バレエがらみで。

「パルファン・ロジーヌ パリ」から「バレリーナ No.2」が発売されます。香りのコンセプトは、孤高のエトワールの再現。ボトルにはチュチュを思わせるオーナメントがあしらわれています。

Etoile_fragrance

華々しくラズベリーやオレンジがフルーティーに香るトップ、完璧なアラベスクを映し出すローズがミドルノートに来て、感動の渦を巻き起こすサンダルウッドのフィナーレ。こちらは11月15日発売。

この映画「至高のエトワール」と、フレグランス「バレリーナNo.2」とのコラボ希望♡

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です