3日(水)、2015ミスユニヴァース富山大会において審査員をつとめさせていただきました。

昨年に引き続いての出場者も何人かいらして、その成長ぶりにも目を見張りました。やはりスピーチがいちばん盛り上がりますね。その人らしさが一気に花開くという感じ。

現時点における完成度か、それとも本大会での可能性か、というところで審査も難航しましたが、最終的にグランプリに選ばれたのは、可能性を評価された平田理奈さん。ヒールを履くと190センチ近くなる長身の美女です。

Miss_universe_final_2

ミスユニヴァースの性格上、代表として一人だけ選ぶ必要がありましたが、舞台を降りればそれぞれ代替のない美しさで輝いていらっしゃいます。ここに立つために一か月近いビューティーキャンプを通してご自分を鍛えてきたその過程は、決して無駄にはならず、むしろこれからの人生に大きな自信をもたらしてくれるはず。ファイナリストのみなさん、今後もそれぞれの道で大きく羽ばたいてください。

この大会を、多くの方々が盛り立ててきました。富山のビューティー業界、ファッション業界、着物業界、スポーツウエア業界、フィットネス業界、宝飾業界、観光協会、新聞社などなど。美と平和あっての経済の活性化にもつながりますように。

ミスコンの世界大会で必ず出てくるキーワード「ワールドピース」を、これまではかすかに笑ってましたが、このことばのもつ深さがよくわかるこの頃。異文化の、それぞれに異なる美しさを受け入れ、磨きあい、認め合うことは、世界平和につながるんですね。

自分たちと違う文化の人を醜いと言って攻撃するのではなく、その文化のことを知ろうとして、受け入れ、「美しさ」を互いに認める。この愛と寛容の精神こそ、世界平和の大前提。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です