この映画の試写状をいただいていたので無理して時間を作ってはるばる伺ったら私の直前で「満席になったのでご入場できません」と追い返されたんですよね。それほど人気の映画ってどんなものだかと思って、話題のほとぼりがさめてずっと経ってようやくDVDで見たのですが、宗教チックな結論に向かっているように装いながらあれ?っと浅く意味不明なままぶちっと終わった印象。人間の感情の葛藤みたいなものがあったらもっと映画としての深みも出たのではなどと余計なことを思いましたが。まあ、そういうウェットなものがないのが逆によいというジャンルなのかもしれません。

ルーシーのセリフ。

Humans consider themselves unique so they’ve rooted there whole theory of existence on their uniqueness. One is their unit of measure, but it’s not. All social systems we’ve put into place are a mere sketch. One plus one equals two. That’s all we’ve learned, but one plus one has never equaled two. There are, in fact, no numbers and no letters. We’ve codified our existence to bring it down to human size to make it comprehensible. We’ve created a scale so that we can forget its unfathomable scale.

20%でいいから「覚醒」してみたい。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です