jersey boysクリント・イーストウッド監督の「ジャージー・ボーイズ」。DVDで。1959年から60年代にかけて、そして1990年にいたるまでの、「フォーシーズンズ」の栄光とその舞台裏。

音楽をピュアに追い、名声が高まれば高まるほど家庭が悲惨なことになっていく。才能に恵まれた人がいつの時代にも経験しなければいけない葛藤に泣ける。

 

どん底の状態で歌われる「Can’t Take My Eyes Off Of You」がすばらしすぎた。この超名曲がこうした経緯で生まれたのか。曲に対するイメージががらっと変わった。深い余韻がずっと残る、楽しくてやがて哀しいすてきな音楽映画。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です