「イミテーションゲーム」鑑賞。実在した天才数学者、アラン・チューリングを、カンバーバッチが魂を込めて演じる。エキセントリックな天才をやらせたらこの人ははまるなあ。第二次世界大戦を見る別の新しい視点を与えてくれた、よい映画でした。

アランの子供時代のセリフ。

When people talk to each other, they never say what they mean.  They say something else and you’reexpected to just know what they mean.

「人は話をするとき、決して本当のことを言わない。何かほかのことを言うが、その言葉から本当は何が言いたいのかを探り当てなくてはならない」

言われてみれば、私たちが交わすことばは、ほとんどは「暗号」なのかもしれないとまで思わされる。本当に言いたいことなどほとんど言わないし書かない。笑

 

その後、メルセデスベンツファッションウィーク、Yoshio Kuboのショーへ。

3.18.3精巧な作りの服をまとう異次元から舞い降りたような男性たちに、脳内がアナザーワールドへ連れていかれる。力強い挑戦が感じられました。

ヒカリエにて。たいへんな熱気で盛り上がり。

3.18.2

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です