だからこそ一瞬一瞬を深く輝かせることがどんなに大切か。

 

ペンハリガン新作の「オスタラ」は、水仙をイメージした香り。オストラとは、イースターのこと。キリストの復活を祝う祭りであるとともに、今年も無事に訪れた春を祝う祭りでもある。そして水仙は、春の訪れを告げる花でありながら、ギリシア神話においては冥界の王ハデスのアトリビュートでもある。ハデスは水仙を、好きな女を冥界におびきよせるための小道具として使った。また、水仙は、水に映る自分の姿に恋い焦がれるあまり水の中に落ちてしまった美青年ナルキッソスの化身でもある。可憐であるだけではない。水仙には、どこか生と死の淵をイメージさせるあやうさがある。そこがこの花の魅力。どこか生のはかなさと、それゆえの輝きをたたえる水仙をイメージした深みのある美しい香りの世界に、しばし沈潜しました。4.25.34

週末に、青山のデイルズフォードに特設された、ペンハリガンのオストラカフェにて。4.25.35

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です