北日本新聞別冊「まんまる」6月号が発行されました。manmaru 6 連載「ファッション歳時記」第45回は、「上質な傘をもつべき理由」をテーマに書きました。manmaru 6.1 機会がありましたらご笑覧くださいませ。

 

 

ちょっと嬉しかったお知らせです。『モードとエロスと資本』(集英社新書)のリプリントが決まりました。流行り廃りの激しいモードの話なのに5年経ってもまだ読まれているということがなにより驚きでありがたく、読者のみなさま、出版社さまに心より感謝申し上げます。6月1日に出るそうです。

2 返信
  1. so
    so says:

    中野香織様
    久しぶりに、お便りいたします。 前回は、年明けの年賀状のコメントでした。  「モードとエロスと資本」リプリントおめでとうございます。 実は、昨年8月に富山の紀伊国屋さんでトークの折「モードとエロスと資本」の本を購入しサインをしていたただきました。 その後少しずつ読み進め数か月かかって読破しました。この本は年数が経過しても読まれる本と思います。 モードと世の中のかかわりの基本を教えてくれているような気がします。  今回のテーマの傘のこだわりについて。 私も、傘にはこだわっています。お気に入りの花柄の傘。 これは、傘という機能を果たしてくれるだけでなく自分のファッションの表現の一部分であり変な傘持てないあなと・・・・。 ここ5年程大切に使っていて決してなくしたくないと思っております。 なので、中野香織様の御意見に賛同いたします。

    返信
    • Kaori
      Kaori says:

      SOさま
      おやさしいコメントをありがとうございます。また、拙著をお読みいただき、ありがとうございます。
      傘エッセイも、読んでいただき感謝します。
      すてきな傘とともに、充実したつ梅雨シーズンをお過ごしくださいませ!

      返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です