仕事に必要になって、アルトマンの「プレタポルテ」再見。1990年代のファッションシーンというのはその前後の時代に比べていまひとつぼんやりしている感があったが、あらためて、時代の雰囲気がよく伝わってきた。 30人以上の有名どころが出演の、ファッション業界を舞台にした群像ドラマ。空虚で見栄っ張りで騒々しくてゲイばっかりで(偏見はありません念のため)姑息な足の引っ張り合いばかりで服の下にはみんな嘘をかくしているような、美しくてセクシーでエキセントリックなファッションピープルがひしめく世界。90年代の公開時に見た時にはそれほどピンとこなかった記憶があるが、会えばさほど親しくなくても笑顔全開でハグが当然という独特な雰囲気の場で味わう感情の経験を積み重ねてきたあとに見ると、しみじみ味わい深い。「ズーランダー」と並び、ファッション業界をお洒落に皮肉った傑作ですね。LOVE。 90年代にあれほど輝いていたデザイナー、俳優、モデル。生き残っている人もいるし、もう消えてしまった人もいる。その差はどこから生まれるんだろうと思いながら。pretaporter

ソフィア・ローレンとアヌーク・エーメが同じ画面に出ているだけでワクワクする!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です