2015年度6・8会(もう7月ですが……)でビルボードライブの後に訪れた、西麻布の大谷之鮨。

9席のみのカウンター席ですが、コミュニケーション上手で美男の大将が、世にも美しいパフォーマンスで絶品の肴と鮨を供してくれます。7.3.26

氷の器に入ったじゅんさい。その後も続々と繊細で新鮮な驚きのお料理が続きます。

7.3.25

器がすべて一点ものというのもすばらしい。香りよく、パフォーマンスや器が目に美しく、舌に美味しく、耳にする会話楽しく、おもてなしが心にあたたかく、これほど洗練された食の世界があるのかと感動しすぎで倒れそうな夜。

 

 

 

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です