日本初のフレグランス文化祭! とも呼べるイベントで講演します。

『ル パルファン ある感覚 - 時代をいろどる香りとミューズたち』(フレグランスジャーナル社)の発売を記念して、11月3日(火・祝)に日仏フレグランス文化財団主催で、学会のようなイベントが開催されます。まずはこの本を簡単にご紹介したいのですが。

le parfum

出版年月日 2015/10/30
判型・ページ数 A4・232ページ
定価 本体5,000円+税

日本語版監修が、日仏フレグランス文化財団理事の地引由美さん。校正の最終段階のものを一部拝見しましたが、ファッションや香水に関心の高い人は必携の保存版の一冊です。

1900 年から2011 年まで、その年を代表する香水と、時代を駆け抜けたミューズ、そしてその年の出来事が紹介されています。

たとえば、1962年はこんな感じ。香水は『バラ ヴェルサイユ / ジャン デプレ』。時代を代表する女性はマリリン・モンロー。アルジェリアの独立やビートルズの初めてのレコーディングがニュースとして記載されています。

スクリーンショット(2015-10-02 18.48.27) 香水、ファッション、社会、スタイルアイコンが一目瞭然のこの一冊。私も今からわくわくしているのです。
以下、イベントの詳細です。私の登壇は15:30~16:30です。会場でお会いしましょう!

■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■

” ESPRIT DE PARFUM エスプリ ドゥ パルファン ”
『ル パルファン ある感覚 時代をいろどる香水とミューズたち』 – 日本語版出版記念イベント

日時:
11月3日(火・祝) 13:00 – 19:00(開場:12:30)※ 時間内、入退場自由

会場:
銀座フェニックスホール
〒 104-8139 東京都中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館 2階

入場料:
一般:10,000円(書籍付)
日仏フレグランス文化財団賛助会員:8,000円(書籍付)

主催:
日仏フレグランス文化財団

協賛:
フレグランスジャーナル社

プログラム:

■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■

13:00 – 開会宣言
フレグランススペシャリスト表彰

■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■

13:20 – 13:50 基調講演:
『ル パルファン ある感覚 時代をいろどる香水とミューズたち』 が現代の私たちに伝えること
地引 由美(じびき ゆみ Yumi JIBIKI) 日仏フレグランス文化財団 代表理事

■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■

14:00 – 15:00 ゲスト講演:
『ニオイスミレについての考察 – 香水100年史とスミレの香り』
佐野 孝太 氏(さの こうた Kota SANO)
曽田香料株式会社 フレグランス事業部門 常任理事 シニアパフューマー / 農学博士 / 薬剤師 / 臭気判定士
1982年東邦大学薬学部薬学科卒業後、曽田香料株式会社入社。フレグランス研究部に配属され、1988~89年ヨーロッパ(フランス・スイス・イギリス)で合計1年間の調香研修の後、主に応用調香研究、及び香料関係の基礎研究を続け、世界の新しい香料素材の可能性の探索、選定にも取り組む。各国の香りのトレンドにも常に注視している。

■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■

15:30 – 16:30 ゲスト講演:
『ファッションと香水の蜜月の100年』

中野 香織 氏(なかの かおり Kaori NAKANO)
エッセイスト/ 服飾史家/ 明治大学国際日本学部特任教授
過去2000年の男女ファッション史から最新モード事情まで研究・執筆・レクチャーをおこなっている。 東京大学大学院博士課程単位取得満期退学、ケンブリッジ大学客員研究員を経て文筆業、2008年より明治大学国際日本学部特任教授。専門はファッション文化史、ダンディズム、イギリス文化史。

OFFICIAL WEBSITE : http://www.kaori-nakano.com/

■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■

17:00 – 18:00 ゲストトーク:
『マリ=クリスティーヌ・グラース氏をフランスからお招きして』
著者のお一人であるマリ=クリスティーヌ・グラース氏をフランスより招聘致します。
マリ=クリスティーヌ・グラース氏(Marie=Christine GRASSE)

情熱的な彼女は幼い頃から芸術と歴史に興味を持ち、エクス- アン-プロヴァンス大学にて中世の歴史と文明の研究で国家博士号を取得。パリ国立文化遺産研究所で教鞭を取り、考古学発掘調査の責任者を務める。1990年から2011年までグラース市美術館のキュレーターとして、特に国際香水博物館での企画を担当。香水の歴史のスペシャリストとして、美しい筆致で香水業界を紹介する多くの著作をもつ。2011年9月から、600,000点の作品と文献を収蔵する1963年創設の国立スポーツ博物館の総指揮を取る。

■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■

18:00 – 19:00 懇親会
ドリンクをご用意しております。ご交流、ご歓談をお愉しみください。

■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■ – – – – – – – – – – ■

会場内では、本書に登場する香水の一部の香りを試香して頂けます。

お申し込み方法:
info@fragrance.or.jp
まで、
「11月3日 参加申し込み」
というタイトルのメールをお送り下さい。
10月5日(月)より、折り返し事務局よりご案内をお送り致します。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です