“A human being is a being who is constantly ‘under construction,’ but also, in a parallel fashion, always in a state of constant destruction.” (By Jose Saramago)

Fairfax Collective 公式ホームページの連載ブログを更新しました。 開催中の「ファッション史の愉しみ」展につき、カタログには記されていない、舞台裏のスタッフの視点からの見どころを書いてます。

 

ファッションが好きという女性はメンズファッションは「圏外」と思ってスルーしていたりするし、メンズスタイルに凝る男性は、女性のファッションにはしばしば関心をしめさない。なぜでしょう? 「自分が着られるもの」にしか関心をもたないって、もったいない。男性と女性は対になり補い合い引き立て合ってこそ面白いのに。ファッションにおいても。自分のことを知るためにこそ、相手のことを学ぶべきなのではと思うのですが。

Special Thanks to Mr. Hamada, Academic Staff of Kobe Fashion Museum.

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です