“What is a princess, and what is a queen? Why is the princess often a pejorative description of a certain type of woman, and the word queen hardly ever applied to women at all? A princess is a girl who knows that she will get there, who is on her way perhaps but is not yet there. She has power but she does not yet wield it responsibly. She is indulgent and frivolous. She cries but not yet noble tears. She stomps her feet and does not know how to contain her pain or use it creatively.

A queen is wise. She has earned her serenity, not having had it bestowed on her but having passed her tests. She has suffered and grown more beautiful because of it. She has proved she can hold her kingdom together. She has become its vision. She cares deeply about something bigger than herself. She rules with authentic power.” (By Marianne Willi amson, ‘A woman’s Worth’)

 

DVDでスティーヴン・フリアーズ監督の「クイーン」。公開時に見逃して、DVDを発売時に買っておいて、やっと宿題を終えた感( ;∀;) もっと早く見ておくべきでした。queen dvd

ヘレン・ミレンが演じるエリザベス女王はじめ、王室メンバー、政府のメンバー、そっくりさんがいかにもに演じる。ダイアナ妃、クイーン、トニー・ブレア、チャールズ皇太子、それぞれの立場の心情にいちいち共感させられ、現実の事件と目の前の映画がオーバーラップしてナミダナミダの鑑賞。

Telegraph紙の記事。ヘレン・ミレンが、エリザベス女王もまた「エスチュアリーイングリッシュ」(テムズ河口域英語)の発音に移行していると指摘、と。たしかに、この記事が載せる証拠映像からもわかるように、エリザベス女王14歳のときのクイーンズイングリッシュと、今の発音は、違っている。

こうして徐々に静かに時代に合わせて変わっていきながら、一貫性を保ち続けるというのはやはり並大抵のことではない。映画のなかで、トニー・ブレアが女王を擁護して叫ぶこのセリフがいちばんぐっときます。

” That woman has given her whole life in service to her people. Fifty years doing a job SHE never wanted! A job she watched kill her father. She’s executed it with honor, dignity, and, as far as I can tell, without a single blemish, and now we’re all baying for her blood! All because she’s struggling to lead the world in mourning for someone who… who threw everything she offered back in her face. And who, for the last few years, seemed committed 24/7 to destroying everything she holds most dear!” ( By Tony Blair in ‘Queen’)

「あの女性は、国民のために人生のすべてを捧げてきたんだ。やりたくもない仕事を、自分の父親を殺した仕事を、50年間も! 威厳と誇りをもって、不平不満一つ言わずに、やりとげてきたんだ。なのにわれわれは今彼女をいじめている。自分の顔に後ろ足で泥をひっかけたような女の弔いが滞っているというだけで」

ダイアナ妃に寄せられた花、そしてカードには、王室メンバーの悪口が書いてある。自分に対する誹謗をひとつひとつ読みながら、でもすべてをのみこんで、ダイアナを弔うために前例のない尽力をする。人間らしい感情をすべて封印して女王としてふるまうその強さに、トニー・ブレアはじめ閣僚が「メロメロ」になる(←シェリー・ブレアのおちょくりがおもしろい)のもよくわかる。

そしてエリザベス女王のこのセリフ。

“Nowadays people want glamor and tears, the grand performance. I’ve never been good at that. “(By Queen Elizabeth II in ‘Queen’)

「今ではキラキラしたことやむき出しの感情、はでなパフォーマンスが好まれる。私が得意じゃないことばかり」

50年の時代の変化、ダイアナがもたらした「革命」などなどに思いが及んで感無量のひとこと。

若干のヘイトも含めたうえでの、深くゆるぎない、イギリス人のロイヤルファミリー愛を感じた映画でした。それにしても、女王、フィリップ殿下のご存命中にこのような映画が作れるとは。タブーだらけの日本の皇室と比べるわけではないけれど、英王室の懐の深さも感じます。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です