“Nostalgia is denial – denial of the painful present… the name for this denial is golden age thinking – the erroneous notion that a different time period is better than the one one’s living in – it’s a flaw in the romantic imagination of those people who find it difficult to cope with the present.” (By Paul, in “Midnight in Paris”)

 “We all fear death and question our place in the universe. The artist’s job is not to succumb to despair, but to find an antidote for the emptiness of existence.” (By Gertrude Stein, in “Midnight in Paris”)
midnight in paris
デルタの機内で観た映画。ウッディ・アレンの「ミッドナイト・イン・パリ」。帰宅してDVD棚を見たら、買ってあったじゃないか。2011年の映画。いつかは観よう、必ず観るはず、ぜったい好きなはず、と思っていたら永遠に封を開けないのだな。機内のようなほかに選択肢がないところで強制的に(?)観る機会があってよかった。
処女作執筆中の男が婚約者とそのリッチな両親とともにパリに旅行に来ている。男がひとりになり道に迷って、真夜中になるとクラシックカーが迎えに来て、1920年代のパリにタイムスリップするという話。そこでヘミングウェイやフィッツジェラルド夫妻やコール・ポーターやダリやガートルード・スタインやピカソやマン・レイ、といった名だたる文豪やアーティストやセレブリティと交流していくうちに、自分の現実にめざめていくんですね。
20年代、さらに時代をさかのぼってベルエポックまで描かれるのですが、このあたりの風俗や人物の再現がまずはほんとうに楽しい。芸術家がたくさん出てくるので名言のオンパレード。冒頭に引用したのはほんの2つだけど、ヘミングウェイは歩く名言集みたいな。
「黄金の20年代」って言っているのはあとの時代の人だけで、まさにその時代の渦中に生きている当事者は地獄だと思っている。現実が虚しいと、過去のどこか、遠くのどこかに夢を見たくなるものなんですね。歴史家なんてみんなそういうところがあるかも(自分含む)とうっすら思う。
ガートルード・スタインは、バラのトークショーのときにも引用しましたが(“Rose is a rose is a rose is a rose”) 、ここでもずばり。
「芸術家の仕事は絶望に屈することではなく、存在の虚しさに対する解毒剤を見つけること」。カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レア・セドゥ、キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディら豪華出演者がさりげない出演なのも贅沢。
Antidote for the Emptiness.   A phrase to remember.
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です