“One step at a time. One punch at a time. One round at a time. ” (By Rocky Balboa in “Creed”)

これもデルタの機内で観た映画。「クリード」。ロッキー4あたりのころのスタローンは最高にかっこよくて、部屋にでかでかと「スクリーン」とか「ロードショー」なんかの付録のポスターをはっていた。

いまは69歳になり、身体も衰え、かつてのライバルの息子のメンターとして陰で後進を支えていくという設定が本人のキャリアと重なり、しみじみする。オスカーを外したのはほんとうに惜しかった。

ロッキーのテーマは無条件にアドレナリンが出る。そのほかの音楽もいい。

creed

2 返信
  1. たけい
    たけい says:

    スピンオフとはいえ通算7作目ですね。
    ポーリーも亡くなってロッキーも病気
    という状況でアポロの息子のトレーナー
    をするというお話。
    個人的には1作目のキャラクターがほぼ
    皆亡くなっているのが寂しく感じました。
    なんとなく先が読める展開でも不思議に
    観たくなるのがこの作品の魅力ですね。
    劇場でみると凄い迫力。頭の中でゴングが
    なりますよ。

    返信
    • Kaori
      Kaori says:

      >たけいさん

      ほんとに、ロッキーの周りにいた人がみんな先にあちらの世界へ行っていて、
      時の移り変わりは早いなとしみじみしました。
      スターウォーズの時の移り変わりに感じた感慨とはまた違う寂しさもありましたね。
      たしかに、クライマックスのリングの場面を大画面で見たら興奮もひときわ違うでしょうね。
      小さな画面だけでもかなり力が入ってしまいましたから。笑

      返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です