5月発売予定の新刊ゲラと格闘しています。4年超にわたる「サライ」での連載をまとめた本ですが、そのまま収録すればいいってものではないのですね。すべてのブランドの最新データを調査しなおして(堀けいこさんありがとう!!)、ほぼ全面的に写真を撮り直し、書き直し、イラストまで加わり新編集…。ゲラになってからも写真と本文が一致しなければ写真撮りなおし。多くのスタッフの熱意と労力、ほぼ50社におよぶブランドのご厚意と友愛がページごとに立ち昇ってくるような。本はいつだって多くの人が関わるものですが、今回はけた違いに多くの人を巻き込みました。しかもそれぞれの関係者が、「ナカノカオリの本ならば」ととても好意的に辛抱強く協力してくださいます。お言葉を聞くたびに泣けます。ほんとうにありがたいことです。みなさまのお力あってのことです。

shinshi
(写真は、本の中の1ページ。写真はすべてカラーです)

ブックデザインも、すてきなものになりそうです。タイトルには「紳士」が入りますが、女性も親近感をもって手にとりやすい、茶目っ気もある美しい本になります。

いくつかの媒体には4月中旬発売予定と宣伝しておりましたが、ごめんなさい、5月発売に延びました。その分、スタッフ一同、細部まで丁寧に手をかけています。なにとぞご寛恕のうえ、お待ちいただければ幸いです。

 

☆☆☆

これより下は、最近の備忘録メモより。

 

☆鷲田清一先生の「折々のことば」(朝日新聞)、3月15日(火)第340回。

「もちろん、自分の魂を痛めつけて、その苦悶の末に考え出したというような労作があらわれるはずもない」(奈良本辰也)

――-大学の研究者が、評価のための資料づくりや資金とりのための作文に追われて、本来の学問ができていない現状に対する、鷲田先生のぴりっとした批判つき。

☆同 3月16日(水)第341回。

「悟りといふ事は如何なる場合にも平気で生きて居る事であった。」(正岡子規)

これガツンときました。「如何なる場合にも平気で生きて居る」。この境地に行きたいものです……。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です