Jun Ashida 2016 AW collection グランドハイアット ボールルームにて。25か国の大使&大使夫人がずらりと並ぶ中の、ラグジュアリーな素材を駆使した揺るぎないエレガンス。
3.29.1
トレンドはタッキーであろうがスポンテニアスであろうが、関知せず、王道のエレガンスを貫くのがアシダ・ジュン流。

3.29.2

T Japan 第5号に掲載の芦田淳さんの記事は、こちらから読むことができます。p. 94-96.

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です