東京大学の男女学生さん、およびご卒業生の方へ、さつき会主催のシンポジウムのご案内です。

遠山敦子さまとともに話をさせていただく機会がくるとは夢にも思いませんでした。仕事や人に対する向き合い方、ひとつの仕事を「次」へとつなげるために重要だったこと、へこんだときの心の保ち方など、振り返ってみて、フリーランスの物書きとして仕事をしていくうえで大切で基本的なことをお話できたらと思います。プライベートで「次」があったためしはなかったんですけどね。わはは。私はほんとうに仕事で作られてきたんだなと実感します。こういうキャリアの話を整理すると自己啓発本が書けそうですね…。

お目にかかれますことを楽しみにしています。

☆☆☆☆☆

さつき会55周年記念事業
在校生向けシンポジウム
「君の後ろに道はできた~豊かな男女共同参画のために」

今年は東大に女子学生が入学して70年という節目の年です。東大生の女子比率が約2割にまで増えた今日に至るまでの道のりを、それぞれの分野で道を切り拓いてこられた卒業生の女性の方々と辿りましょう。 現在ほど女性の社会進出が進んでいなかった時代に、いかにしてキャリアを積んでこられたのか、また、東大でどのような学生生活を送っておられたのかを、4名のパネリストの方々にお話していただきます。その後、学生との意見交換も行う予定です。 本校における男女共同参画の歴史に興味のある方、現状や今後の展望について一緒に考えたい方など、男女問わず幅広い学生の参加をお待ちしております。

【シンポジウムの概要】
日 時: 6月11日(土)13時半〜16時(13時開場)
場 所: 東大駒場キャンパス内21KOMCEE 内ホール(200名収容)

パネリスト:4名
遠山 敦子 様(元文部科学大臣、62年法卒)
高橋真理子 様(朝日新聞、79年理卒)
大塚 聡子 様(NEC宇宙システム事業部、85年工卒)
中野 香織 様(服飾研究家、87年養卒)

主 催: さつき会と女子学生有志6名
中西彩子(工学部計数工学科システム情報工学コース4年)
山口晴香(理学部生物学科4年)
佐藤夢木(経済学部経済学科3年)
菅野美結(経済学部経済学科3年)
福田雛子(経済学部経営学科3年)
菊池愛美(文科一類2年)

後 援: 東京大学 男女共同参画参画室

【お問い合わせ・お申込み】

http://www.satsuki-kai.net/55aniv_guidance/

☆☆☆☆☆

4.22
中野キャンパス前の八重桜。散りそめですが、青空に映えてきれいです。駒場の八重桜も豪華だったなー。今いるところに感謝して、自分のほうから貢献する、という気持ちで行動すると、その場所が好きになってくるし、好きになればさらに楽しい貢献を考えられるし、その結果、その場所が思わぬときにお返しをくれることもあります。少なくとも、じっとしててもその場所がいいことをどんどん与えてくれるということは、ない。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です