“Absurdity is the ecstasy of intellectualism.” (By Criss Jami, Salome: In Every Inch In Every Mile)

ニナ・リッチより新しい香水「レクスタス ローズ・レジェール」が登場します。

調香師はフランシス・クルジャン。香調はムスキーフローラルで、ひと吹きすると、感覚がふわっと開き、別次元に向かいます。ブルガリアンローズ&ピオニー&ヴァイオレットといったフェミニンな花々に、官能的なムスクがからみ、それこそエクスタシーがイメージされています。昨年発売されたオリエンタルな「レクスタス」を、より軽やかに明るくエロティックにしたバージョン、という印象です。

ピンクの、ややヌーディ―なボトルには、金のタッセルチェーンがあしらわれています。これはギョーム・アンリがニナ・リッチで初めて手がけたコレクションを象徴するフリンジをあしらったブレスレットをイメージしているとのこと。

4.28.16

アイコンとなる女優はレティシア・カスタ。本能の赴くまま自由でいながら、官能的な美しさで周囲を挑発していく女性、というイメージでしょうか。reticia

 

5月13日(金)全国発売。インターモード川辺より。

☆☆☆

Special Thanks to Ms. Hiroko Fujii

2 返信
  1. ロザリアン
    ロザリアン says:

    中野さんの紹介の言葉を
    読ませていただいて
    香りをためす前に入手決定(笑)

    昨日、
    薔薇の抱擁…(素敵な言葉ですね)
    を味わうことができ、夢の世界へまっしぐらでした!

    この香水のイメージは
    ニジンスキーが踊った
    “薔薇の精”です。

    (ギヨーム・アンリのブレスレットをイメージされたという)
    金のフリンジタッセルチェーンも
    勝手にニジンスキーの踊った金の奴隷のイメージにこじつけ
    ボトルデザインも香りも中野さんの紹介文章も
    存分に楽しませていただきました。

    ニコライ・バーグマンのROSE BOX
    お写真、綺麗ですね。
    また、マクベスの『血の海を渡ってきた』
    の引用が美しすぎます。

    新刊のご著書には
    DOZEN ROSE のお話も
    入っているかと楽しみにしております。

    返信
    • Kaori
      Kaori says:

      >ロザリアンさま

      ありがとうございます。コピーライターに転職できるかしら(笑)
      新著は、自分でいうのもなんですが、編集やデザイン、イラストの手間暇が
      丁寧にかけられていて、愛情の感じられるよい本になっています。
      一度、頓挫しかけたときにあきらめなくてよかったと心から思いました。

      ご高評をお待ち申し上げております。どうぞよろしくお願いします。

      返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です