「インデペンデンス・デイ リサージェンス」。この手のものの期待を外さず資金と最新技術をたっぷり投入された派手な戦闘シーンとお約束の展開がこれでもかと繰り広げられる。美しい俳優ぞろいで、それなりに時間を忘れて楽しめました。

“Today, you will once again be fighting for our freedom… Not from tyranny, oppression, or persecution… but from annihilation.  ” (By President Whitmore)

地球各地で起きていることを見ると、annihilation(絶滅)への道を自ら歩んでいるのではないかと思えてくることがある。

共通の巨大な敵が襲来しないと、党派・宗派・人種・国籍を超えて連携することはできないんだろうか。主語を「わたしたち〇〇国民は」ではなく、「わたしたち人類は」に置き換えて考えることを、全世界の政治家に求めたい。とりわけ今朝はそんなことを青くさく思ったりする。

FullSizeRender (105)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です