指昭博・監修『イギリス王室1000年の歴史』(Kanzen)。イギリス王室1000年

絵と写真と図表を中心に、イギリス王室とそのメンバーを1000年分、すっきりわかりやすく解説してあります。イギリス史を学ぶ人にはとても便利な保存版の参考書となるでしょう。

コラム形式で書かれたゴシップネタも楽しい。

 

12年前にはこんな翻訳も出しました。共訳ですが。ブリッグズの社会史は、イングランド社会史の学徒にとってのクラシックであり「金字塔」でした。この本も苦難の連続で翻訳完成までに4年ほどかかっています。経済的な尺度でいえば、もちろん超赤字。勉強にはなりました。思えば不条理な苦労してきたなあ……。「下積み」期間中にいるという感覚は、実は今でも変わらずあります。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です