待ち時間に、積読状態になっていたDVD2本。

 まずは「ヒッチコック」。「サイコ」を世に出すまでの、ヒッチコック監督と妻アルマのハリウッドでの奮闘。多方面からの反対にあい、大きなリスクをとってまで、なぜ「サイコ」に固執したのか。当初の「駄作」を稀代の大ヒット作に変えるために彼らがとった方法は。編集・音響・宣伝の力もあらためて実感。

妻アルマがヒッチコックにとってそれほど大きな存在であったことは初めて知った。偉業を成し遂げる人には必ずといっていいほどすばらしいパートナーがいて、「陰・陽」の組み合わせがうまくいっている。二人とも表に出るタイプではダメなのですね。(サンローラン、アルマーニ、御木本幸吉、エトセトラエトセトラ、いつの世にも、「陽」の天才の影に、それを陰で支えた偉大な人がいる。)

女の才能だけ利用するために、いかにも「あなたに気がある」風を装って近づく男がいる。アルマの才能を利用したクックとか。くだらない男ほど口がうまく、女を表面的に喜ばせる「紳士的な」(笑)ハウツーを知っている。いつの世にもいる。長い期間、仕事をしていかなくてはならない女性ほど、そんな男の表面にまどわされず、人間としての本質を見抜く目を鍛える必要がある。

存在感たっぷりだったヒッチコックに似せようとしたアンソニー・ホプキンズの苦労もまたしのばれる。

ジャネット・リーを演じるスカーレット・ヨハンソンが魅力的すぎて目が釘付け。

ブリティッシュ・ユーモアがさりげなくちりばめられていて、ひそかに笑う。

映倫の人:Is there any improper suggestion of nudity in this, uh, murder in the shower scene?(不適切な裸など出てきますか?シャワールームでの殺人シーンには)

ヒッチコック: She won’t be nude, she’ll be wearing a shower cap.(裸にはなりません。シャワーキャップをかぶっています)

 

そしてジョディ・フォスター監督の「マネー・モンスター」。ある企業の株価暴落で人生を棒にふった若者が、投資を促した金融番組に乗り込み、スター出演者を人質にとる。やがてプロデュ―サー(ジュリア・ロバーツ)とスター(ジョージ・クルーニー)が強力して真実をあばいていく……という、現代社会にいかにもありそうな金融のからくりに迫る硬派な映画。

ラストがあまりにもあっさりと哀しく、殺伐とした感があとをひく。ドライで賢いジョディ・フォスターらしい解決のしかたかもしれない。

プロデューサーとスターの、性別を超えた信頼関係。恋愛ざたをもちこまず、犯人とその恋人含め、ベタつく男女の感情をクールに無視した監督はさすが。男女関係を超えた男女の「バディ」だって、いつの世にも存在するのだ。

映画の本題とはずれるけれど、メグ・ライアンの「経年変化」ぶりがSNSで騒がれていたのを見て、やはり女優は「コンスタントにどこかに顔を見せ続けている」ことも大事なのかと思ったりした。長いブランクがあって久々に表舞台に登場すれば、そりゃあ「大きな変化」に見えるけれど、ジュリア・ロバーツのように常にどこかになんらかの形で出ていれば、そんなに「変わった」感を与えることもないのかもしれない。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です