京都の「多ち花」さんが、プロデュースする「Kyoto Bowtie 」。

「多ち花」が染め上げたきもの地の柄を活かし、一つ一つ、京都の職人さんが丁寧に作っています。kyoto-bowtie-1

半年ほど前、「多ち花」の河合洋平さんが中野キャンパスにご来訪されたとき、おもむろに開けられた重厚なケースの中から現れたのが、このカラフルな、きもの地のボウタイコレクションでした。あまりの美しさ、愛らしさに激写していたのですが、このたび正式にウェブショップもオープンしたとのこと。
おめでとうございます!

Kyoto Bowtie.

海外へのアピールを視野に入れ、ウェブサイトは英語オンリーです。

kyoto-bowtie

私が選んだ柄は「梅楓格子」。春秋の柄をあしらったきもの特有の柄行きとのことで、新年の装いにつけてみようと思います。いつものスーツもこのボウタイひとつで印象が変わります。立派な桐箱に収められて届くので、プレゼントにも喜ばれるのでは。
kyoto-bowtie-2
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です