27日、Nina Ricci 新作フレグランス発表会にお招きいただきました。

1.27.2017

Les Belles de Nina. Nina とLuna。Ninaは赤いボトルに入ったトフィーアップルの甘いグルマンノート。10年前に発売されて人気だったこの香りに、「親友」が見つかった、というコンセプトです。今回新しく出たのが、Luna。こちらはパープルのボトル、梨のさわやかさと官能性をあわせもつ香りです。調香師はファブリス・ペレグリン。

香水単品では、それほど目新しさを感じさせるものではないのですが(失礼……もちろんフレッシュで好もしい香りであることにはまちがいないのですが、ターゲットはミレニアル世代)、今回、衝撃を受けたのは、そのコンセプトでした。Nina とLuna、これは女性のカップルフレグランスでもあるのです。

 

1.27.2017.4

カップルと言っても、同性愛ではない。これはミレニアル世代のフレンドシップをコンセプトにしているのだそうです。

いいときも悪い時も感情を分かち合い、さらにそれをSNSで世界とシェアすることで、ますます友情の絆を強くする。二人でいると、より強く、自分らしくいられるという、SNS時代の親密なフレンドシップ。実生活でも親友という二人のモデルがイメージモデルをつとめています。

1.27.2017.2

似ているようでタイプが異なる二人が、互いに手をとりあってフェミニニティを追求する冒険の旅に出る……。このようなコンセプトが提示された時には、ええっ!?と椅子から転げ落ちそうなほどの(陳腐ですが、まさにそんな感じ)ショックを受けましたよ。Friendship is the New Couple.

1.27.2017.6

世界とシェアすることでさらに強まる友情の絆。男性の入る余地はない。笑

そこはかとなく不気味だ…信じられない…と感じた私は古い時代の人間でしょうか。マーケットは確実にミレニアル世代にヒットするように移っている。

SNSによって友情のあり方も変わる。異性(というか現在あるいは未来の恋愛対象)目線が皆無のフレグランスなんて、前代未聞ではないのか。ともかくも、現代を映し出す、斬新なコンセプトのカップルフレグランスの登場です。

 

1.27.2017.9

軽いカルチュアショックとともに発表会会場をあとにしました。すてきな場所でした。

1.27.2017.5

SNSシェア用のプロモーションの装置は完備。屈託なく「フレンドシップ」を誇示する「カップル」が想定されていたなか、一人の私はなんだか居心地悪そうにしておりますな。笑

 

*ニナリッチ「ニナ」はすでに発売中。「ルナ」は2月24日発売です。INTERMODE KAWABEより。

abc, NYTimes, Washington Post, BBC, Telegraph などのニュースが送られてくるように設定しているが、刻々と、ものすごいスピードで事態の進展が送られてくるので、いまの時点でのかすかな不安を個人的にメモしておきます。政治評論家ではないので、以下、解釈の大雑把なところはご寛恕のうえ、スルーしてください。

 

トランプ大統領による、ほぼ連日の時代錯誤的な大統領令。国境に壁。中絶禁止。オバマケア無効。環境破壊するパイプライン建設許可。これにサインしている自分の姿をいちいち写真に撮らせてSNSにアップする。(オバマ元大統領がこんなことをしているのを見たことがないように思う。)トランプ氏の「サインするオレ様」写真は、自分の権力がどれほどのものかを確かめたくて無謀な大統領令を次々と発し、悦に入っているナルシストの写真にしか見えない。

ついに中東・アフリカのイスラム7か国からのアメリカ入国を一時的に禁止。

 

人権を無視したこの大統領令に反対を唱える大々的なデモ。アメリカ全土から空港に弁護士が集結し、ボランティアで入国者を助けようとしたり、空港で足止めを食らったり抗議している人たちのためにピザ・エンジェルが無料でピザを配布したり、難民を助けるクラウドファンディングが行われたりと、「大統領令が発せられると、アメリカが一つにまとまる」というバーニー・サンダース氏の名言に納得のヒューマニスティックな光景も繰り広げられる。

 

アメリカに入国を禁止された人々を見かねて、カナダのジャスティン・トルドー首相が「カナダは、宗教、人種、ジェンダーなどに関わらず難民を歓迎します」というメッセージを発し、世界中からの喝采を得る。

 

と思ったら、カナダのケベックのモスクで、イスラム教徒が祈りの儀式を始めたばかりのところをなにものかに銃撃され、罪のないイスラム教徒が5人が亡くなる。(その後、6人に増える。重傷者も多数)

“In this dark hour, let us strive to be the best version of ourselves.” (By Justin Trudeau)

 

これはこれからやってくる大きな嵐の決定的な始まりだろうか。混乱から衝突が起き、収拾がつかなくなると戒厳令が敷かれ、日本だって当然、何らかの形で巻きこまれる……という流れを想像してしまう。

ファッションの歴史から学んだことは、人間の美意識や流行はらせんを描いて変化していくということだ。どちらかの方向へ行けば必ず揺り戻しが来て、再びかつてきた道を通る(が必ずしも同一にはならない)。政治も同じと考えるわけではないが、かつてと同じような道をたどろうとしているように思えてならない。rasen 6

そういう憂いは憂いとして、この世界情勢のもと、まったく能天気にしか見えないファッション記事も書かねばならないし、あれこれの交渉を進め、各種の仕事を終えなくてはならない。家族のケアも。将来設計も。どれも待ってくれない。ひとりダイバーシティには切り替え力と集中力と体力が要る。それぞれの場面で、”Best version of myself” で臨むための体力が。

 

 

ナタリー・ポートマンがジャクリーン・ケネディを演じる話題の映画、Jakie。公開前に一足早く拝見しました。

jackie movie

ジャッキー・O・ケネディの生涯、という映画だったらもっと華やかで明るい印象の映画になっただろうと思うが、暗殺事件の直後、どのようにジャッキーが振る舞い、決断して、夫を「伝説の大統領」にしたてあげたかという点に焦点が絞られる。ひたすらナタリー・ポートマンの熱演(とりわけつらい苦しみに耐え抜いている表情)を中心に見せていく。

ジャッキー・ファッションの解説を後日、活字媒体で書きます。しばしお待ちくださいませ。

ラスベガスの不動産王フィリペ・ジアード氏とNIKKEIグローバルのチームが来日中(日曜にはもう日本を発ち、今度は南アフリカへ)。金曜夜にはブガッティ主催の勉強会&パーティーにお招きいただきました。シャングリラ・ホテルにて。

フィリペの話をうかがうのはこれで4度目くらいですが、不動産の取引には全く縁のない私でも、学ぶところが多い。

19歳のときにレバノン内戦を逃れてアメリカに移り、修理工から身を立て、いまやラスベガスでトップ、アメリカで13位の不動産王。修理してより良いものにして売るという技術とテクニックは、中古不動産を修理し、よりよい付加価値をつけて売る、という発想につながっている。

不動産王ということばから連想される世間のイメージを裏切り(ドナルド・トランプ氏みたいのが思い浮かびやすいですよね)、フィリペは謙虚で誠実な人柄だ。だからこそ信頼されているんだろうと思う。今回も話の半分以上が自己啓発的な内容だった。以下、フィリペの話のメモ(ごくごく一部ですが。ここでは書いていない生々しい不動産投資の話も多々)。

・2015年に初めて来日して以来、5度目の来日になるが、日本は一番好きな国になった。テクノロジー、都市の機能性などが優れているだけでなく、人々の高潔さや伝統を重んじる誇り高さがすばらしい。成功の理由をしばしばインタビューされるが、2015年以降は、「サムライ的なもの」を大切にしているから、と答えている。前世はサムライだったのだと思っている(笑)。

・お金を得ても「幸福」にはなれない。幸福は、自分自身にチャレンジし続けることから生まれる。挑戦し、結果を勝ち取り、また挑戦し、勝ち取り、という繰り返しの過程、そこにこそ幸福がある。

・成功に必要なことは2つある。まずはModesty、謙虚さ。他人を敬い、謙虚に話をよく聞くことで学びも協力も得られる。二番目にはServant Leadership。奉仕的なリーダーになること。現場の実情をよく知り、現場の人に奉仕することで、ミッションを確実に達成することができる。

・理性と感情のバランスも重要。仕事をともにする相手の人間性もとても大切で、心が納得しなかったら一緒に仕事をすることはない。

・ドナルド・トランプ氏の政策はつまり、「あなたのおこなうビジネスのコストをお安くしますよ」ということだ。規制が緩和され、大幅な法人税の減税がおこなわれる。これは投資マーケットにとってはとても仕事がしやすくなるということを意味する。

・Commercial vs. Residential 、つまり商業施設に投資するのか、住宅に投資するのか、という問題がある。テクノロジーが加速度的に発達し、アマゾンで注文したらその30分後にドローンが届けてくれるという時代。もはや商業施設は空室率が目だっており、投資にはやや危険が伴う。しかし、そんな時代になっても、人には「住む」ところが必要。これから自宅勤務も増えていくことも思えば、住宅に投資する方が確実。

・リーマンショックをなぜ生き残ることができたのか? という質問をしばしば受ける。ジェネラル・ルールは常に同じで、マーケットを熟知していれば必ず収益は上がるのだ。1.Worst Case Scenarioを思い描く。最悪のケースとは何かを考え、自分自身でコントロールできると思ったときのみ投資する。2.Create Value 付加価値をどうやってつけ、上げていくかを考える。自分で付加価値をつけて高く売ることができるもののみを扱う。3.Exit Strategy 出口戦略を明確にする。お金の流れを明確につかみ、「売り切る」ことを考える。

・(最後に、どうしても話したい、と強調していたこと)Ambition 野心について。リスクとはなにか? リスクをとらないことと、リスクをとること、どちらがよいのか? 私の哲学としては、リスクをとることのほうが、リスクをとらないことよりも、はるかにリスクが少ない。意見を言うときもそうでしょう? 何か発言すれば、かならず批判する人がでてくる。中傷もされる。それをおそれて何も言わないというのは、もっともリスキーだ。You never succeed without risk. 成功するには、必ずなにがしかのリスクをとっていかなくてはならない。愛だってそうだ。もし、誰かを愛して失うのがこわい、とおびえて愛することをしなければ、それはほんとうに虚しい人生になる。失うことを恐れては人を愛することなんてできない。一歩を踏み出さなくては。Don’t fear.

……というふうに最後は愛の話にまで及びます。一歩を踏み出し、リスクをとる、というマインドが、不動産投資に向かうマインドへとつながる、という誘導とも読める。でもそんな商売気をほとんど感じさせないのがフィリペの不思議。

 

その後、Nikkei Global 日本側の代表取締役(金融・相続対策)の大田勉さんからの具体的な節税対策としての海外不動産のお話もあり。(私には縁のなさそうな話ですが、そういう世界からの視点を知っておくことも大切ですね。)

パーティーでは、マジシャンGO!とアシスタントのYouさんがいらしていて、マジックを披露。さらなる進化を遂げていて、大興奮でした。ブガッティ社長の山本章博さんのご配慮でしたが、そういえばGOさんもラスベガスでゼロから修業を始めたのでした。

1.27.2017.11

(左がフィリペ、右がGOさん)

異なる仕事をしている方の視点から学ぶことはほんとうに多い。門外漢の私にまでいつもお心を配ってくださるNikkei Global 総合代表CEOの皆見友紀子さんはじめ大田さん、小嶋さん(日本側のアメリカ不動産対策代表)ほか写真のみなさま、フィリペ、ブガッティの山本社長に感謝します。
1.30Special thanks to Phillippe, Reina(U.S.Hi-Tech Industries Japan Co.), Mr. Yamamoto, Mr. Kojima, Mr. Ota, and Yukiko.

今回、フィリペのお友達の中東の大スター、ナジワ・カラームはご一緒ではなかったけれど、フィリペはナジワの香水をまとっていました。まさにそこにナジワがいるかのような、なつかしい感覚。パワー・オブ・フレグランス、ですね。

 

*今日驚いたプチ情報。日本でプライベートジェットを所有しているのは16人だそうです。

 

 

 

 

スライ・スタローン、ジェイソン・ステイサム、シュワ、メル・ギブ、ハリソン・フォード、ウェスリー・スナイプス、ドルフ・ラングレン、アントニオ・バンデラス、ジェット・リー……  20世紀のアクション大スター満載で、これでもかというくらい延々と派手でにぎやかなアクションを見せていく。ユーモアも舞台裏ジョークも楽しく、最後は巨悪とヒーローの素手格闘というお約束もしっかり踏襲、スリラーのはずなんだけど安定の展開。

紅一点の戦士ルナはロンダ・ラウゼイ。アメリカ初の柔道オリンピックメダリストで、総合格闘家として有名な女性で、いろんな格闘技に挑んでるチャレンジャーなんですね。

と知ると、

Luna: You know, if you were 30 years yonger…… (もしあなたがもう30歳若ければ……)
Barnie: I’d be afraid of you. (怖がってたろうね)

というルナとバーニーの会話もいっそう笑える。

ロンダの存在を知ったことは収穫。expendables 3

「レンズが撮らえた19世紀英国」(山川出版社)。これまであまり目にしたことのない19世紀のイギリスをとらえた写真が豊富。海野弘先生はじめ、専門家の解説により、それぞれの写真の「意味」がわかりやすくなっている。

個人的にはアルバート=エドワード(のちのエドワード7世)のオクスフォード大学時代の写真がツボにはまりました。立ち方、帽子の持ち方、視線の方向に、バーティー(愛称)の美意識がありありと現れているように見えます。

当時流行したファッション、ヘア、メイク、「英国美女」にも新鮮な発見あり。南方熊楠、夏目漱石、高村幸太郎ら「日本人から見たロンドン」の章もあります。「学問好きだが学校は嫌い」だった南方熊楠の型破りな学究生活ぶりに心打たれる。

 

行方昭夫先生『英文読解術 Mr. Know-All』(DHC)。

英文精読シリーズ、最新刊。モームの「物知り博士(Mr. Know-All)」の原文を精読しながら英文読解を学ぶことができ、同時に、行方先生による全訳も味わえる。

(あちこちで何度も書いているが)行方先生の「コンテクストを読め!」「辞書を引け!」という厳しい英文読解特訓の授業があったからこそ、どんな英語でもほぼ「読める」ようになった。字面の裏側を「読む」習慣ができた。そんな授業を思い出しながら読むと、あらためて確認できることも多く、教え方の勉強にもなります。

 

短編としての「物知り博士」も、最後のどんでんがえしが小気味よい。登場人物それぞれの心の中を想像して、思わずニヤリとしてしまう。人間がいとおしくなるような物語。誰からも嫌われる厚かましい奴、楚々として上品で慎ましい人妻。表面を見ているだけでは、人の本質なんて最後までわからない。

 

この物語のもうひとつの主役は、真珠。1925年に書かれた小説ですが、その頃はちょうど、御木本幸吉が精力的に海外進出をしていますね。1913年にロンドン支店開設、1926年にはフィラデルフィア万博にも出品。世界中から「日本の養殖真珠はニセモノだ」とバッシングを受け、そうではないことを証明するためにミキモトが真珠裁判を起こしている、まさにその最中ではないですか。養殖真珠排斥運動は1927年まで続いているので、養殖真珠が「本物」なのか「ニセモノ」なのか、まだ世界中がその判断に揺れていた時代のさなかに書かれた小説ですね。The cultured pearls which the cunning Japanese were making という表現から、ささやかな悪意が感じられます。

科学者らの証言により、ミキモトは最終的には裁判に勝ちます。それはこの小説以降のこと。

ラムゼイ夫人の「本物の真珠」は、天然ものか養殖ものか、はたしてどっちだったのかな。

 

それにしても1931年生まれの恩師のますますのご健筆ぶり!! 85歳になっても、何歳になっても社会から求められる冴えた仕事ができるというお手本でもあります。

*The cunning Japanese をどう解釈するか?に「文脈を読む」力が問われるわけですが……。「ずる賢い日本人」という否定的なニュアンスにするか、「技術力にすぐれた日本人」というホメことばにするか。

行方先生によれば、次の通り。

“モームは85歳で日本に来てから偏見をなくし
日本が好きになったようですが、この作品執筆時は
「ずる賢い」と思っていたのでしょうね。”

ここまで作者の背景を知ることが「文脈を読む」ということでもあるんですよね。Google翻訳やAI(現時点)ではとてもできません。

SPUR 3月号発売中です。

別冊 「靴&バッグ 新作コンプリートブック」巻頭で、靴とバッグの役割について語っております。

spur 3 2

「”ひとりダイバーシティ”時代の今、必要なのは靴なのか、バッグなのか?」 笑えるタイトル。として聞こえていればありがたいですが。

spur 3 4

機会がありましたらご笑覧くださいませ。

ヴィスコンティ生誕110年、没後40年。メモリアル作品がいくつか続々上映されておりますが、その最後を飾る作品として、デジタル完全修復版の「家族の肖像」がロードショー公開されます。2月11日(土)より、岩波ホールにて。

 

img087

バート・ランカスター、ヘルムート・バーガー、シルバーナ・マンガーノ、クラウディア・マルサーニ、クラウディア・カルディナ―レ、ドミニク・サンダといった濃厚な俳優陣が、豪華絢爛なインテリアのなかで繰り広げるえぐい人間ドラマ。鑑賞にも体力が要ります。

conversation_piece

目を釘付けにするマンガーノの衣装はピエロ・トージによるもの。感想は別媒体に書きます。しばし。

*タイトルに書いたのは、映画中のリエッタが暗唱するW.H.Audenの詩の一部。

 

 80過ぎてからスタイルアイコンとして脚光を浴びるようになった、90歳超えのニューヨーカー、レアバードことアイリス・アプフェルを追ったドキュメンタリー。

大胆なアクセサリー重ね付け、カラフルでポップな色使いの装いだけじゃない。スパッと切れ味のいいひとことひとことが小気味よい。公の場で夫のカールの頭をなでていたりするのがかわいい。

“You have to be interested. If you’re not interested, you can’t be interesting.” (おもしろがることが大切。おもしろがることがなければ、あなたがおもしろい人にはなれるわけがない)

“More is more, and less is a bore.” (もっとつけるともっとよくなる。減らせばタイクツ)

” I never felt pretty. I don’t feel pretty now. I’m not a pretty person. I don’t like pretty. So I don’t feel badly. And I think it worked out well, because I found that all the girls I know who got by on their looks, as time went on and they faded, they were nothing. And they were very disappointed. When you’re somebody like myself, in order to get around and be attractive, you have to develop something, you have to learn something, you have to do something. So you become a bit more interesting.” (私は美人じゃないし、美人は好きじゃない。美人じゃなくてよかったわ。美人ってだけで世の中を渡ってきた女たちを見てごらんなさい。年をとったら空っぽでひどいもんだわ。わたしみたいな女だったら、魅力的になるために、ものすごく努力して、勉強して、がんばらなくちゃいけない。そうするとおもしろい人間になれるのよ)

人生は「ワントリップ」だから、ほんとうに自分のやりたいことを選択して、世間体などにかまわず思い切り楽しむべき、と。旅と仕事をとったかわりに、アイリスは子供をあきらめた。覚悟があるから、楽しみ方は半端ではなく突き抜けている。意志、大胆さ、ユーモア、鋭い人間観と達観。それがそのまま外見に現れている。「スタイル」ってこういうことですね。