エイジングケアに定評のあるオルラーヌから、「新たなエイジング世代」(この表現、含蓄に富んでおりますね)に贈るプログラムが発売されます。

「アナジュネーズ プログラム」、全4品。

「細胞成長因子」が人の体に果たす役割に注目し、肌が本来もつ力をサポートすることで肌のターンオーバーを整え、年齢肌がもつ肌悩みにアプローチするプログラム。1988年に最初の「アナジュネーズ」が発売されましたが、その後、さらなる研究が重ねられ、3代目の「アナジュネーズ プログラム」としてこのたび誕生します。

タイムファイティング・セーラム、アイケア、デイ&ナイトクリーム、タイムファイティング・マスクの4製品が発売されます。発売に先駆けて恐縮ですが、そのなかのアイケアを試す機会をいただきました。

なめらかで軽いテクスチャーで、べたつかず、すぐに目元になじみ、即効性が感じられます。疲れのサインも消えて、目元もぱっと明るくなる。エイジングの兆しが出やすい目元に、朝晩、使えます。価格は6500円と、この品質のレベルではかなり手ごろ。ほかの製品も、セーラムとクリームがそれぞれ8500円、マスクが4800円と、エイジングケアデビューの方にも手が届きやすい価格です。これならば続けられそうですね。

エイジングケアの方法として、たとえば「EGFが肌に良い働きをもたらす」ということが判明すれば、それに似た成分を人工的に作り、化粧品に入れるという方法があります。それに対し、オルラーヌは、「肌本来が持つ問題(トラブル)を解決しようとする力を呼び起こす」ことを目指しているそうです。肌が本来作れるものは肌に作ってもらろう、それを作るための環境を整えてあげよう、というアプローチですね。

 

「新たなエイジング世代」(=性別や年齢を問わないすべてのエイジングサインを意識した方)にとって、これは期待できそうです。いまや男性もふつうにアイクリームやセーラムを使う時代。6月1日百貨店発売。楽しみですね。

☆☆☆

そうそう。すっかり「男性もあたりまえに美容」の時代において、オルラーヌもそうだし、シスレーやド・ラ・メールなど、性別を問わない美容製品を出すメーカーは少なくない。ファッション業界の男性の、そのような性別不問ブランド愛用率はかなり高い。香水もそうだけど、原料を高品質にしていけばいくほど、性別は関係なくなるんですよね。

そんな時代だから、パートナーと美容液やクリームを共用していらっしゃる方も多いのかと思えば、周囲の何人かに聞いてみたところ、「いや、このセラムは高価だからぜったいに夫には使わせない」(女性)とか「妻に使われないよう、このクリームは手が届きにくいところに置いておく」(男性)とか、みなさん、意外と美容製品は自分だけで使い切りたいものと知って苦笑しました。(もちろん、仲良く共用のカップルもいらっしゃると思いますが。)

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です