Moana.


(Photo shared from Internet Movie Data Base)

一昔だったら「男の子」の成長物語だっただろう。でもいまは女の子なのだね。動物をはべらせてドレスを着た「プリンセス」ではなく。とはいえ、いちおう動物をはべらせてはいるのはディズニープリンセスの系統だからか。海洋版マッドマックスのようなシーンもあり、ディズニーものを自虐する笑いもありながら(「そこで歌い出したら、吐くからね」とか)、王道のヒーロー伝説物語として楽しめた。主題歌の”How far I’ll Go”もいいですね。

If the wind in my sail on the sea stays behind me
One day I’ll know
How far I’ll go

未知の冒険に乗り出して不安になったときに希望を与えてくれる歌。


映画の後に六本木ミッドタウンで花見(といっても桜の下を数分歩いただけだが)。ここの夜桜はライティングのためか、ピンクの色味がひときわ濃く感じられる。来年はいったいどこで桜を見ているだろう。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です