Dior の新製品発表会、寺田倉庫にて。

9月29日に発売予定のDiorouge. 二層構造になっていて、光を味方にする中央のメタリックカラー、そして唇の輪郭を際立たせる外側のマットカラー。1本のなかに仕込まれているこの二色を使うことで、唇が立体的に見える。

リキッドルージュも12時間持続という。こちらは9月1日発売。


今年70周年を迎えるミス・ディオールも時代にふさわしい新たな香りとなって展開される。


ナタリー・ポートマンさまも登場。間近にお目にかかるのは二度め(やはりディオールのイベントでした)。スクリーンでは圧倒的な存在感を放ちますが、小柄で華奢な方です。

それにしても人人人人……。それぞれにフォトスポットで写真を撮り、ハッシュタグをつけてSNSにアップすることが想定されている。


それゆえメディア関係者というよりもむしろミレニアルズの「インフルエンサー」といった印象の方々が多い。あまり製品に関心を向けず、どこでどのように自分を撮るか(撮られるか)ということに熱心。ナタリー・ポートマンが登場したら話も聞かず、写真だけ撮ってすぐその場を去る方も多々。会場全体もフォトスポットを意識してデザインされている。

ディオールの新製品は新製品としてよかったのです。とりわけダブルルージュの効果は新鮮で、つけ心地もすばらしい。

ただ、かつてないほど密集する華やかなインフルエンサーの熱気に当てられてひんやりと考えた。インフルエンサー・マーケティングというのはまだ本当に有効なんだろうか? ここまでSNSで「自分がいちばん」の写真があふれるとかえって裏側が透けて見えて逆効果にならないか? いやそれは「考え過ぎ」の旧世代の感じ方だろうか? もうしばらくこの「インフルエンサー信仰」は続くのかどうか、自分自身も熱気の渦中にいながら観察したいところ。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です