ディオールのプレスティージラインから発売される新製品の発表会に伺いました。


このたびお目見えするのはプレステージ ユイル ド ローズ。

ロワールで育まれる奇跡の回復力を受け継いだ薔薇、グランヴィルローズ。ここから20の貴重な微量栄養素を独自のプロセスで抽出し、ディオールの最先端テクノロジー、マイクロカプセル化の技術を用いてオイルに閉じ込めた美容液。

睡眠不足やストレス、季節の変わり目などによって、肌の微量栄養素のバランスが揺らぐ。消耗し、疲れのサインが現れる…。この製品は、このような肌の不調を整えるサプリメントのようなスキンケアという位置づけで、化粧水の前に使います。


光に透かすときらきら光るオイルの粒子。ディオールのスタッフ自らが「とびっこのような」とおっしゃっていたのに笑いましたが、このキャビアのような粒のなかに微量栄養素がぎっしりと詰まっているわけです。ローズサプリのような、プレ美容液ですね。薔薇の香りがなんとも心地よく、思わず深呼吸したくなります。感触もオイルというイメージがもたらすべとつき感は皆無で、すぐに肌になじんでふっくらします。このあとに化粧水をたたきこむと、つやっとした輝きが出ます。

プレステージラインはお値段もプレステージですが、研究を重ねているだけあって、確かに確実に効く実感があります。リピーターも多く、毎年、65%の方がリピーターとしてカウンターに訪れ、20%の方が新しいファンとして訪れるそうです。

9月29日発売。

これからのディオールはこれを目指します、という宣言でプレゼンテーションが終わる。プレゼンテーションの方法もとても素敵で、自分のプレゼンでもぜひ参考にしたいアイディアが多々ありました。

今年はディオール70周年ということもあり、パリの装飾美術館では大々的にディオール回顧展がおこなわれていますね。香水の町、グラースでもエスプリ・ド・パルファンという展覧会が開催中とのことです。これをダブルで取材できないものか……。

 

 

1 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です