Tae Ashida 2018 SS コレクション、グランドハイアットボールルームにて。

都会的なセンスにあふれた、エッジの効いたエレガントな世界。一作、一作にデザイナーの挑戦の後が伺われます。25周年を迎え、堂々たる風格です。Tae Ashidaのホームページより、動画でコレクションをご覧いただけます。

いつものように、各国の大使と大使夫人がずらりと客席に。国際色豊かな大使夫人のファッションもまた見ものなのです。

芦田さんご夫妻は、今回、アメリカのVOGUEのライター、ジャネール・オクゥドウさんをお招きして、きめこまやかなおもてなしでお迎えしていらっしゃいます。海外ジャーナリストが少ないと言われる東京コレクションですが、こうしてデザイナーが率先してお招きして、すばらしさを知ってもらうという努力をしているのですね。たいへんに労力を要することだと思います。

ショウのあと、そのジャネールさんを囲み、芦田ファミリーと長いお付き合いのあるプロフェッショナルな方々とディナーをともにするという光栄に浴しました。


レストランは麻布十番のリベルテ・ア・ターブル・ド・タケダ。雰囲気は抜群にすばらしく、旬の日本の素材を活かした独創的な料理の数々には感動の連続。


こちらは旬のきのこの上からすっぽんスープをかけていただく、薬膳のように体によさそうな一品。


ホタテがこんなに繊細な一品に変身するとは。


左から時計回りに、(株)ジュンアシダの美人敏腕広報、熊井美恵さん。(株)スマイルズ社長、遠山正道さん。スープストックはじめ、多岐にわたる事業を展開なさっています。そして多恵さん、中野、多恵さんのご主人で(株)ジュンアシダ社長の山東英樹さん、ジュンアシダのビジュアルマーチャンダイザーのウィリアム・コルソーさん、生駒芳子さん、ダンスアーチストのタカヒロさん。タカヒロさんは現在、欅坂46の振り付けでも話題です。そしてジャネールさん、エリック・ベルジェールさんです。

これだけプロフェッショナルがそろうと話題は尽きず、興味深いお話の数々で盛り上がりました。ジャネールさんにはアナ・ウィンターのことや、最近のニューヨークトレンドの話、セレブの話など、根掘り葉掘り。

ウィリアム・コルソーさんは、最初に芦田淳先生とパリで「面接」をしたときのことを感慨深く語ってくれました。ほんとうは仕事を受けないつもりで出かけたのに、淳先生のあまりのエレガントな風格に圧倒され、ノーとは言えなかったとのこと。威圧ではなく、おおらかでどこまでも紳士的でエレガントなたたずまいで、相手にノーとは言わせない。すばらしいエピソードではないですか? 以後、10年以上、一緒に働いていらっしゃるとのこと。

エリック・ベルジェールさんも、芦田ファミリーとは30年にわたるおつきあい。私もなんだかんだと10年以上、広報誌にエッセイを寄稿しています。ともに仕事をする人を大切にし、長くつきあっていくという芦田ファミリーのあり方には、やはり本物の品格を感じますし、そのような生活からこそ、真にエレガントなファッションが生み出されていくものだとあらためて感じます。(使い捨ての服を作っているのは、やはり使い捨ての雇用関係であることが、「トゥルーコスト」でも描かれていました。)人を使い捨てにしない・されないという基本は、かつての日本ではあたりまえのことだったかと思うのですが、効率・規則最優先の大義のもと、自分自身もそのような扱いを受けることがある現在では、とてもレアで貴重なものに見えています。お互いにそのように「とりかえのきかない」存在として認めあっていくことで、幸福感は醸成されていくものだと思うのですが……。人間を部品のように扱う風潮は、心を砂漠にしていくばかりです。

遠山さんは、ネクタイとネクタイピンのブランド「ジラフ」というブランドも展開しているのですが、その旗印は「サラリーマン一揆」だそうです。体温別にジャンル分けされているのが面白い。低体温の人でいるか、アツい男になるのか。笑

この日の遠山さんのネクタイは、デジタルで描かれたバナナ柄。ネクタイピンはゴリラ。全員がこの組み合わせに悩殺されていました。

かけがえのない豊かなひと時でした。山東さん、多恵さん、ご一緒させていただいたみなさま、ありがとうございました!

2 返信
    • Kaori
      Kaori says:

      >長谷川さん
      ジラフ、はじめて知ったのですが衝撃でした。「体温36度」の人でいるか、
      「40度」までいかれてしまうか、考えさせられる…。笑

      返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です