ヴァンクリーフの流れで……というか、銀座つながりということで。ミキモトさんからオリジナルのシャンパーニュをご恵贈いただきました。黄金色の、美しいシャンパーニュです。

寝かせて撮影したので空気がへんな場所に移動してしまいましたが。飲んでしまうのが惜しいくらいの輝きなので、しばらくヴァンクリーフのフラワーボックスとともに飾っておきます。ありがとうございました!

ここ数年、大学では一年に一回、一コマまるまる、御木本幸吉の講義をしてきました(公開講座でも、芦田淳先生とともに、テーマにさせていただきました)。多くの学生が実は養殖真珠を発明したのは日本人であったことを知らないし、ブランド名が創業者の名前であったことも知らない。日本を代表する起業家なのに。そもそも真珠がどうやって作られるかを知る人も少なかったりするので、話はそこから始めるのですが。

起業家精神、世界で勝負するときの考え方や戦略、窮地に陥ったときの切り抜け方や心構え、大胆な行動と慎重な備え、人に接する時の態度…。すべての人に、あらゆる局面に応用可能なインスピレーションを与えてくれるのが、御木本幸吉なのです。

とりわけ「災い転じて福となす」幸吉翁の行動には、励まされます。大阪の博覧会で高価な商品が盗難に遭った時。ヨーロッパで養殖真珠排斥運動に見舞われた時。八方ふさがりの絶望のなかで、くじけず、むしろそれをチャンスに変えてしまうような行動に出る。こうしてただ「書く」のは簡単ですが、彼は本当に大胆な行動に出るのです。このメンタルの強さと行動力。明るい行動力。そうだ私も笑顔を作って行動しよう、と背中を押される。幸吉をはじめとして、ファッション史のレジェンドたちは、最高のカウンセラーになってくれます。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です