Fast and Furious (ワイルドスピード)シリーズのSky Mission (原題はFurious 7)。2015年の作品。荒唐無稽なカーアクションもこのレベルまでくるとあっぱれ。スーパーカーがスカイダイビングし、アブダビの高層ビルとビルの谷間を舞い、ロスの空を舞い上がる。ノンストップで激しいアクションを見せ続ける2時間超。おかげさまで往復の満員電車もまったく苦になりませんでした。ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソンの上腕二頭筋~僧帽筋がすばらしく、見惚れる。「騎兵隊を連れてきたの?」と聞かれて、「Woman. I am the Cavalry(俺が騎兵隊だ)」と答えて一人で戦う「一人騎兵隊」のドウェイン・ジョンソンの迫力がギャグすれすれでおかしい(かっこいいのだが)。I am the Cavalry. 人を助けに行ったときに言ってみたいセリフ。

ラスト、ポール・ウォーカーとヴィン・ディーゼルが車越しに微笑み合い、別れていく道をそれぞれ走りゆくシーンが泣けます。これが遺作となったポール・ウォーカーへの愛があふれていた。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です