タキシード専門店アトリエ・ロッソネロを取材。

タキシードに特化することで、タキシード文化を創り、社会を変えるという高い視座をもって活躍する代表の横山宗生氏。コンセプトや考え方は論理的で明快、情熱もあり、日本を代表するタキシードデザイナーという自信も実績に裏付けられている。

RossoNero=赤と黒。アトリエ内も徹底して赤と黒で統一されていました。


(代表の横山宗生氏)

期待をはるかに超えるインスピレーションを与えていただいた取材になりました。あれもこれもではなく、ひとつに特化することの強さをここでも知ることに。詳しくはいずれ活字媒体で。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です