Majestic……

2018年2月17日

羽生結弦選手、金メダルおめでとうございます。

Japan Times の見出しは “Majestic Yuzuru Hanyu defends Olympic figure skating title” でした。Majestic ってこのような時にも使うのですね。

実際、なんと表現していいか戸惑うほどの神がかった美しさで、深い感動を与えていただきました。ここに至るまでの過程すべてがドラマで、やはり試練をくぐり抜けてこそ、(努力次第で)その先にとてつもない歓喜が待っていることも、見せてくださいました。大きな励みになりました。

銀メダルの宇野昌磨さんにも、心よりお祝い申し上げます。

 

そしてそして、もう一人。アメリカ合衆国代表のネイサン・チェンのすばらしさを記録しておかずにはいられない。優勝候補と目されながらSPでまさかのみじめな転倒を重ねて17位。そして一夜明けたフリーでは驚きの本領を発揮し、6回の4回転ジャンプを敢行する(うち5回成功と日本では報じられた。アメリカのニュースでは「6回の4回転」を跳びきったと報じられている)という前代未聞の演技で215.08 点。初日の屈辱を見事にはらして歴史を作った18歳。まだまだこれから!

 

実は来週、読売夕刊に掲載予定の「スタイルアイコン」は、フィギュア・スケートの衣裳デザイナーのことを書いたのですが、そのデザイナーは今回のネイサン・チェンの衣裳もデザインしているのですよ。王子様ルックや仮装衣裳(そういうのも私は好きだが)ではないところが、このデザイナーらしいところ。

 

Leave a Comment