猪ノ谷言葉「ランウェイで笑って」vol.1~vol.4。

身長158㎝でパリコレを目指す高校生モデル。貧しい家庭で家庭を切り盛りしながらデザイナーを目指す男子高校生。


ハンディにかかわらず夢を目指すという骨太なストーリーに、プロフェッショナルなデザイナーや服飾専門学校、東京コレクション、展示会、ファッションメディアなど、ファッションビジネスをとりまく生々しい状況が描き込まれていて、読ませる。

一口解説もあり、ファッション用語がわからない人にも勉強になるように配慮されている。「モードなんて奇抜なだけで、なにがいいんだか」という大勢の人が持つであろう視点もきちんと入っていて、読者層を広げる工夫をされているのも秀逸。

 

読者がみな「自分の物語だ」と読み込めるような設定がヒットの秘密ですね。ドラマ化されそう。

今後の展開が楽しみです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です