ずいぶん前から不快には感じていたのですが、外気温が上がってくるのと反比例して忍耐力も下がるみたいで、今日、さすがにこれは、「きっぱりと、やめてほしい」ことだと確信したので、おそらく同じ思いの方もいらっしゃるのではと思い、書いておこうと思うにいたりました。

「名刺交換させていただいた方にお送りしています」という一斉宣伝メールが届き、さらにその後も延々と定期的に宣伝メールが送られてくるとなると、その企業(人)に対する印象は悪くなる一方なのですが、メールを送っている方はそのことに気づいているのでしょうか。こういうのが続くと名刺交換すら恐怖になります。

パーソナルな、「個人」としてお送りいだだくメールは大歓迎ですが、一度名刺交換したくらいで一斉メールのアドレスに加えるというのは、ご遠慮いただくと助かります。(これから名刺にその旨書いておこうかなあ…)

名刺交換しただけの人に宣伝メールを送り続けることは、ブランディングの視点から見ても、なんの効果もないどころか、かえって逆効果にしかなりません。逆の立場になってみれば、想像できることではないかと思うのですが。逆に、メリットがあるならそれは何なのか、知りたいところです。

名刺ついでに話は飛びますが。

初対面の方と交換したら、話のあいだじゅう、名刺をテーブルの上に置いておくことが「マナー」とされているようです。会議室のようなところならいいかもしれない。けれど、レストランでもこの「マナー」を貫くのはいかがなものか。サーブする人の目に、いやでも名刺の名前がとびこんできます。これには私はとても気後れし、やや恥ずかしい思いがします。場によってはすぐに名刺入れにしまう、という配慮ができる人になりたいもの。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です