アクア・ディ・パルマのポップアップショップがGinza Six 3Fに期間限定でオープンしています。

日本で買えるアクア・ディ・パロマの全製品がそろいます。ボディローション、ハンドクリームを筆頭にボディケアも充実。

夏には不可欠なブルー・メディテラネオのシリーズも勢ぞろい。前方のフルーツやハーブは、それぞれの製品に使われている素材です。新作はキノット。左端に見える小さな柑橘類です。

「キノット」という名の炭酸ドリンクがあり、イタリアではポピュラーです。コーラのように見えますが、味はまぎれもなく柑橘なんです。日本でも、カフェ・アントニオで飲めますよ。ボトルもポップでかわいいのでぜひお試しを。(私が飲んだキノットの写真はこちらの記事にアップしています)


このたびのポップアップストアで嬉しいのは、ハンディで持ち歩きも可能な30mlサイズを3本選ぶことができるメイド・トゥ・メジャーのセットが発売されていること。


私は「フィーコ」(いちじく)と「ミルト」(ハーブの一種)、そして定番の「ベルガモット」の3本を選びました。これで外出先でも安心です。「ベルガモット」は切れると不安になるという必需品で、もう何本使ったかも覚えていないくらい。

ブルー・メディテラネオは高温多湿の日本の夏にもぴったりなさわやかさなので初心者にもおすすめなのですが、秋口以降(もちろん今でもよいですが)には、コロニアやノービレのシリーズもよいです。


今回、こちらのシリーズからも、20mlサイズのお好みのボトルを3本、ハットボックスにセットしてくれるサービスがあります。贈り物としても喜ばれます。

「コロニア」はイタリアの上流階級の男性が愛用していることでも知られる、それこそ紳士の名品なんですよね。1916年から処方が変わっていない、時空を超えたシトラスの香りです。コロニアは全6種類ありますが、今でもこのオリジナルバージョンがもっとも人気が高いそうです。男性は、いちど自分の香りを決めたらそれ一筋、という傾向が高いですが、そのような根強いファンをもっている香りでもあります。

ショップでお話している間にも、一人のイタリア人の男性が購入していかれました。無精ひげ風にひげが整えられたイタリア男がさらっと香水を一本購入していく姿というのは、なんというか、コマーシャルフィルムのようで、絵になりすぎでした。笑

お買い上げのお客様には、ミラノ本店のサービスと同じ、好きな香りのボディローションとハンドクリームを使ったハンドマッサージのサービスもあります。私は上の写真の利根川朱里さんにマッサージしていただきました。やわらかい香りがずっと残り、癒されます。

キャンドルもインテリア小物としても素敵で、火をともすと中から溶けていくので、外側が最後まで残っていてくれます。

ポップアップストアは8月26日まで。イタリアの生命力にあやかりにいきましょう。

 

一休みするのにどのティールームも大行列で入れない状態のGinza Six でしたが、地下は穴場でした!


Special Thanks to Ms. Hiroko Fujii.

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です