機内映画。”Solo: A Star Wars Story”.

あのハン・ソロがいかにしてハン・ソロになったのか。チューバッカとどのように出会い、ミレニアム・ファルコンをどうやって手に入れたのか。なぜアウトローとして生きているのか。ハン・ソロに関する過去がドラマとして明かされる。監督はロン・ハワード。

 

若きハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクと、キーラ役のエミリア・クラークも瑞々しくてセクシー。この二人の魅力でずいぶん画面がもつ。

お約束のアクション、アクション、アクション、合間にちらと人間模様。

 

マンマ・ミーア!もそうだったけど、あの主人公たちの若い時代はどうだったのか? という映画を作ることで、一回りあるいは二回り下の世代にも、同世代俳優を通して物語を伝えていくことができるわけですね。だんだん過去にさかのぼりながら未来が開かれていく感じ。

“It’s risky, but it’s worth a try. ”  キーラのセリフ。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です